RSS Twitter Facebook
g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > DAW ディーエーダブリュー

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典


DAW ディーエーダブリュー

辞典内検索:
DAW / ディーエーダブリュー / ダウ

ディジタルオーディオワークステーション(Digital Audio Workstation)の略。 音楽制作を目的として音声の録音/編集などができるようにした機器やソフトウェアの事。 ハードウェアの専用機もあるが、一般的には PC 用のソフトウェアを指す場合が多い。

DAW として必須の機能はオーディオを扱う事であるが、多くは MIDI データを扱う機能が統合されている。もともと PC 用の音楽制作ソフトとしては MIDI データの作成を行うシーケンサと、複数トラックの音声データを扱うマルチトラックレコーダーソフトがそれぞれ発展してきたが、これらが統合されて現在の DAW となった。アビッド(AVID)社(開発はデジデザイン(Digidesign)社)のプロツールス(ProTools)スタインバーグ(Steinberg)社のキューベース(Cubase)/ヌエンド(Nuendo)ケークウォーク(Cakewalk)社が開発するソナー(Sonar)などが有名である。

読み方は 「ダウ」派と「ディーエーダブリュー」派がいる。「ディーエーダブリュー」はアルファベットそのままなので「ダウ」派の人にも通じるが逆は通じないという事情もあって、以前は「ディーエーダブリュー」派が優勢であったが、最近はかなり「ダウ」派が増えてきているように思われる。

なお「ダウ」読みの場合、日本語的な発音では「ダウ」とするのが一般的だが、英語としての発音は「ドーゥ」のような感じである。



g200kg