RSS Twitter Facebook
DTM / シンセサイザー / VST / WebMusic 関係の技術情報を発信しています

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」



2018/07/18 (2018年07月 のアーカイブ)

Googleアシスタント版「偏ったDTM用語辞典」

Twitter Google+ Facebook

Amazon Alexa に続き Google Home で動く「偏ったDTM用語辞典」を作りました。
既に審査を通って公開状態になっていますので、お手持ちの Google Home に「Ok Google、偏ったDTM用語辞典につないで」と言えば起動できるのではないかと思います。

Google アシスタント版「偏ったDTM用語辞典」

Google Home じゃなくてもスマホに Google アシスタントアプリをインストールしても使えます。これだとテキストも表示されるので、思った以上に良い感じです。分類上は「教養・知識」の「その他」になっているのですが、もうちょっとこうしっくりくる分類があると良いんですが。


ただ、このGoogleアシスタント版はまだちょっと納得がいかない所があって、一部の単語が他の一般的な単語に邪魔されて認識が困難になっています。「リワイヤ」とか「ミディ」とか。「リワイヤ」は何回やっても「岩井屋」になります。

この辺の構造は Alexa でも同じで、フロントエンド側で入力された音声がまず最初にテキスト化されてからバックエンドのユーザーアプリに送られるんですが、フロントエンド側が知らない単語には変換されないので、Entity と言う認識してほしい単語のリストを定義できるようになっています。ところがこの指定した Entity の単語が Alexa だとかなり優先的に出てくるのですが、Google アシスタントの場合、優先度が高くないみたいで、「岩井屋」みたいに一般的な(そうなん?)競合する単語があると負けちゃうんですね。

後処理で「岩井屋」⇒「リワイヤ」みたいに個別の同義語定義をしてくれ、というのが想定されている対処方法らしいのですが、この辞書みたいな、単語数だけは多いアプリでそれをやり始めるととんでもない手間がかかりそうです。多分今のところ専門用語の検索的なアプリが想定されていないのかなと思います。Alexa と比べても普通の文章の認識精度は相当に良くて、適当にぽそぽそ喋ってもちゃんとそれらしい文章を出してくる所は本当に凄いんですけどね。

まあこの辺は今後に期待という事で。
後、このアプリのロジック周りをコントロールしている Dialogflow というライブラリというかツールがあるんですが、4月にメジャーバージョンアップしたばかりらしくて、今のところ、ドキュメントやサンプルと実態が一致しない所が色々あってちょっと厄介です。これももう少ししたら落ち着いてくると思うのでこの辺も今後に期待。

Posted by g200kg : 11:04 PM : PermaLink

2018/07/11 (2018年07月 のアーカイブ)

わからないDTM用語はアレクサに聞け!

Twitter Google+ Facebook

さて、Amazon Echo の話なんですが、先日 Alexa のスキルに「偏った DTM 用語辞典」のコンテンツを載せてみたんですよ。 「偏った DTM 辞典」は使ってくれている人はそれなりにいるようなんですが、約一千語の DTM 用語辞典です。

これが、無事に審査を通って公開状態になっています。

Amazon Echo を持っている人は是非ためしてみてください。 それから Echo を持っていなくても、iPhone か Android のアプリで「 Amazon Alexa 」というのを入れると、大体同じような感じで試せると思います。喋る時に一度タップしないといけないとか、使い勝手は Echo に及ばないと思いますが。

で、使い方としてはまず、Amazon の Alexa スキルストアで「偏ったDTM用語辞典」を「スキルを有効」にする必要があります。リンクは下にあります。

Alexa スキルストア : 偏ったDTM用語辞典

さて、使い方ですが:
  • 起動するには「アレクサ、偏ったDTM用語辞典を開いて」と言ってください。
  • 起動したら「ビットクラッシャーってなに?」とか「ハース効果ってなに?」とか気になったDTM用語について聞くと割と長々と解説してくれるはずです。
  • 何を聞いて良いかわからない場合は、とりあえず「何か教えて」と言えばランダムに用語を解説します。
  • 解説を途中で止めて他の用語について聞きたい場合は「アレクサ、次」です。
  • 偏ったDTM用語辞典を終了したい場合は「アレクサ、終わり」です。


でまあ、作ってみてなんですが、元コンテンツは既存のものだし何か API 的なものを準備してちょちょっと繋げばいけるのかな、と考えていたのですが、思っていたよりは面倒でしたかね。

割と長期間に渡って書き溜めたりしていたものなので、文書のフォーマットが結構ふらついていたりで、元コンテンツが音声で読む事までは想定していないというのもあるし。その分、色々と知見も得られましたので、またそのうち書ければと思います。

Posted by g200kg : 1:15 PM : PermaLink

2018/07/07 (2018年07月 のアーカイブ)

電子部品店マップ

Twitter Google+ Facebook

日本全国の電子部品ショップの地図を作った方がいらっしゃいました。
twitter上で店舗情報を随時募集中との事です。

google maps api の無料枠内での運用という事なのでアクセスが多くなりすぎると翌日まで停止するという事です。昨日公開初日はすでに一日のリミットに達してしまったようなのであまり無茶なアクセスはしないほうがよさそうですが。

メイカーとか流行っている割に、日本全国で部品を売っている店がこれだけしかないと思うと少ないですかね。まあ、秋葉原のガード下的な店とかはまだ入ってなさそうですが。今は通販でどうにでもなるから困らないと言えば困らないのだけど。

Posted by g200kg : 6:55 PM : PermaLink

2018/06/27 (2018年06月 のアーカイブ)

KDJ-ONEが届きました

Twitter Google+ Facebook

今から3年半前の2014年12月、クラウドファンディング KickStarter で出資を募った「KDJ-ONE」という機材の話題が一部で盛り上がっていたのですが、これがついに手元に届きました。

当時の記事はこちら : => KDJ-ONEキックスターター開始記念

これで当時ポータブルもので話題をさらっていた Teenage Engineering の OP-1 に対抗できる、とか色々言われていたのですがね。いややはり商品レベルのハードウェア機器の製造というのは生易しい事ではないのですよ。開発元のサイバーステップさんはハード開発初仕事ですし。

その後開発は難航し、スケジュールの遅延が続いてやきもきしている人も多かったと思いますが、そのうち「ああ、そんなのもあったね...」と半分忘れられているような状態だったのですが、開発はしっかりと継続していた、と。

1年経ち、2年経った頃、これはもうものにならないのではないだろうかと思ったりもしたのですが、そこからの称賛に価する驚異的な粘りですね。OP-1 が盛り上がっている時のタイミングを逃したのは残念だけど、良くここまできたなと思います。

という事でとりあえず電源を入れてみました。まだ全然いじり方がわかっていませんが:

せっかくこれでハード開発のノウハウを積んだのだし、これで終わりにはして欲しくないかな。今後にも期待しています。

Posted by g200kg : 9:51 PM : PermaLink

2018/06/11 (2018年06月 のアーカイブ)

ToneLib : 新しいフリーのZOOMストンプ用パッチエディタが発表されたようです

Twitter Google+ Facebook

去年の今頃はZOOMのエフェクター用のエディタをWebアプリで書いたりしていたのだけど、一応一通りの機能ができて落ち着いてからはこの関係の動向をそれほどチェックしていませんでした。という事でちょっと目を離している隙になかなか凄いものを作った人が現れたようです。

3月頃に発表されていたらしいのだけど今まで気が付かなかった。

https://tonelib.net/

ポイントは次のような感じ:
  • Webアプリではなくてスタンドアローンアプリ
  • Win/Mac対応 (Linux版は開発中?)
  • MSシリーズだけじゃなく対応機種が多い (Zoom G5n / G3Xn / G3n / B3n / G1on / G1Xon / B1on / B1Xon / MS-50G / MS-60B / MS-70CDR)
  • オンラインのパッチ共有の機能なんかも用意されている模様
私が作ったオンラインパッチエディタが多少なりともこの界隈に刺激を与える事になったのだとしたら光栄な事ですが、これは完敗ですね。もの凄く作りこまれています。

これだけの機種に対応するというのは大変なことです。対応機種を拡張しようにも単なる趣味で同じメーカーの同じようなエフェクターをこれだけ揃えるのはなかなかできないですね。

フリーウェアなのでZOOM使いの人は要チェックです。




GUIもドカンとでかいけどかっこいいね。思うのはあれだ、私が作るのはどうしても画面をコンパクトにしようという意識が働きすぎなのかなあ、と。こういうのは日本人のサガですかね。

Posted by g200kg : 9:45 PM : PermaLink

2018/06/05 (2018年06月 のアーカイブ)

Webaudio.tokyo #5

Twitter Google+ Facebook

6月4日、渋谷ヒカリエで Webaudio.tokyo #5 が開催されました。
結構間が空いて久々だったようですね。

https://webaudiotokyo.connpass.com/event/86449/

会場の様子。渋谷ヒカリエ、レバレジーズ様です。

人数に対して過剰なピザが供給される


プログラムは始めたばかりと言いつつDJアプリを作りこんでいる人なんかがいて印象的でした。これは才能を感じる。写真を撮っていなかったので、@afroscript10さんのツイートから。


私の方からは飛込LTで最近の webaudio-controls の状況を話してきました。

  • 生 WebComponents API を叩くようになったから Chrome だとポリフィル無しで動くよ。Firefoxはまだフラグ付きだけどそのうちポリフィルいらなくなるよ
  • Web MIDI API と連動してコード書かなくても MIDI コントローラから動かせるようになったよ
  • MIDIラーン機能も付いてるよ
  • マルチタッチデバイスなら複数のフェーダーをまとめて操作したりできるようになったよ

https://github.com/g200kg/webaudio-controls
GitHubにあるからよければ使ってみて

Posted by g200kg : 4:03 PM : PermaLink

2018/06/04 (2018年06月 のアーカイブ)

Algorave 見てきました

Twitter Google+ Facebook

6月3日、落合soupでライブコーディングイベント、「Algorave」が開催されたので覗いてきました。

http://algorave.tokyo/

ライブコーディングというのはまだまだ馴染みのない人が多いと思いますが、PCを使ってリアルタイムにプログラムを書き換えながら音と映像を生成するパフォーマンスです。

このAlgoraveはライブコーディング専門のイベントとしては一番メジャーなのだと思いますが、今まで行ったことが無かったんですよね。私も独自ツールで似たような事をやったりしているので気にはなっていたのですが。

落合soupの入り口はこんな感じ。風呂屋の地下です。

入るといきなり満員で身動きがとれない。なんてこった。キャパ100人くらい? 小さめの箱だけどこんな状態になっているとは...

ライブコーディングで音を生成している様子。使っているのはTidalCyclesです。

こちらはTouchDesiner。VJ系はこれが多いです。

身動きがなかなか取れない中、じわじわと前進してステージ回りの様子がようやく見れた図。


ちょっと満員電車状態で前半はほとんど人の背中しか見えてなくて誰がどういうオペレーションをしているのかもわからずちょっと辛い感じもありましたが、ライブコーディングの集客力は侮れないですね。

ツールとしては音系は TidalCycles、VJ 系は TouchDesigner という組み合わせがほとんどでそこにモジュラーシンセを併用したりという感じでしょうか。個人的には音系もVJ系もまとめて回したいのだけど手数が足りなくなってくるんだよねー。

Posted by g200kg : 1:04 AM : PermaLink

2018/06/01 (2018年06月 のアーカイブ)

Atom のシンタックスハイライトの話

Twitter Google+ Facebook

ここ最近流行のエディタと言えばやはり VSCode なんですけど、私としては VSCode が気になりつつもまだ今のところは Atom を使っています。VSCode と比べてしまうとどうしても起動の重さとかは気になっちゃうんですけどね。

Atom
Visual Studio Code

そしてもうひとつ、以前から気になっているのがシンタックスハイライトがいまいち頑張ってくれない所。これはまあ個人的趣味もあると思うし気にしない人はしないのでしょうけど、改行の入っていない長い行があるとすぐ途中で諦めてしまうのですよ、こいつ。

上が Atom で下が VSCode です。折り返して表示していますが、8行目が凄く長い行になっています。

一応 Atom の issue としてはもう4年以上前からそれなりの人数があげています。ただし解決法が示されているわけでもなく、これはパフォーマンスを重視するために仕方のない「仕様」というのが結論になっているようです。

Long line breaks syntax highlighting : https://github.com/atom/atom/issues/1667

どうやら、行を解析してトーカナイズする際のトークン数の上限が100になっているみたいですね。トークン数なので単純な文字数ではなく、一つの文字列で長いのが含まれていても構わないのですが、htmlファイルなんかは < や > でトークンがぶつ切りされてかなり不利な状況です。

もう少し頑張って欲しいなあ。

という事でどうにもならないのかと思っていたらこの上限を拡張するプラグインは存在するようです。「パフォーマンスに影響するよ」という注意書き付きですが。

"grammer-token-limit" ですね。Settings => Install で "grammer-token-limit" を検索してインストールすると1行あたりのトークン数の上限が設定できるようになります。

ただこれで数値は設定できるのですが無制限に大きくできるわけではないようで、500程度までは効くのですが、それ以上の値を入れても他の制限があるのかハイライトしてくれる文字数が増えません。

下の図が500に設定した状態です。まあデフォルト状態よりはましになりますね。

ちなみに VSCode での上限はちゃんとチェックしていないのですが文字数で20000文字程度の所に限界があってその行の解析を諦めるという挙動になるようです。

この件、エディタの比較記事なんかではあまり問題視している人がいないので気にしていない人が大多数なのかも知れませんが、一応デフォルト状態よりはマシになりますよ、という事で。

Posted by g200kg : 7:45 PM : PermaLink

2018/05/23 (2018年05月 のアーカイブ)

見に行く予定 : Algorave / WebAudio.tokyo

Twitter Google+ Facebook

来週の末、6月3日(日) はライブコーディング系のイベント「Algorave」が開催されます。
Algorave には興味がありつつも見に行った事がなかったので、今回ちょっと見てこようと思っています。

日時 : 2018年6月3日(日)17:30 開場 / 18:00 開始 18:00 開場 / 18:30 開始
会場 : 落合soup
料金 : 当日 2000 + 1d
* 開始時間が当初の案内から30分遅くなっています *

http://algorave.tokyo/




またその翌日の月曜日 6月4日は WebAudio.tokyo の LT 大会があります。申し込み状況はなかなか盛況のようですがまだ少しだけ枠が空いてそう。これも見に行くだけだけど参加予定です。
https://webaudiotokyo.connpass.com/event/86449/

日時 : 2018年6月4日(月) 19:30-
会場 : 渋谷ヒカリエ17F レバレジーズ
料金 : 無料

Posted by g200kg : 8:23 PM : PermaLink

2018/05/22 (2018年05月 のアーカイブ)

Cafe Deluxe #3 が開催されました

Twitter Google+ Facebook

2018年5月20日、西麻布 Super Deluxe でモジュラーイベント、Cafe Deluxe #3 が開催されました。
g200kg も新しいネタがあったわけではないのですが、ブースを出してきました。

開場の Super Deluxe、これから設営が始まる所です

ライブステージ周りはこんな感じになります。

取りあえずブースを準備。横に爆音ステージがあるので音を出すのはそもそも難しいというのもあって持って行ったのは照明系だけです。

向かいのブースにDirigentさんがいました。モジュラーシンセとの連携に一番力を入れている DAW、BitWig が展示されています。

隣にいた Hikari Instrument さん、アナログシーケンサーの後継機です。出力に Slew エフェクトが追加されています。

ViviCat Green さんの木製ケース。

CentreVillageさんのシーケンサ、C-Quencer。このあたり大体常連。

Quicco Sound さん。Bluetooth インターフェース、mi.1e、iPadからCVを8系統制御できます。ついに発売近い模様。

恒例の Five-G さんのモジュラー壁

こちらは ClockFace Modular さん。

宮路楽器ウーリーズさん。

MI7さんのブースでは ROLI 製品を展示。

HOOK UP さんのブースに IK Multimedia のUNO Synth が置いてありました。発売は7月くらい?

タイムテーブルです。マーケットタイムとライブを交互に進行します。

ライブ中はこんな感じ。演奏しているのはTFoM主催の Dave Skipper 氏。


モジュラーの本筋とは外れるけど、IK Multimedia がついにアナログシンセに手を出したという UNO Synth は気になりますね。この Cafe Deluxe #3 での展示が日本初お披露目です。

タッチ式の鍵盤で、モノフォニックのシンセですが、ポイントはいかにもデジタルガジェット風の見てくれとは裏腹に「アナログ」シンセであるという所です。音信号系は純粋なアナログ構成という事なので、それをデジタルで構成された制御系から叩くという構造のようです。

まだ細部は調整中らしいので製品版とまったく同じではないかも知れませんがフィルターの効きとかはそんなにエグくない割合素直な感じでした。制御系はデジタルだけにアルペジオやシーケンサ周りは機能が豊富そうです。

Posted by g200kg : 12:54 AM : PermaLink



...更に以前の記事...


g200kg