RSS Twitter Facebook
DTM / シンセサイザー / VST / WebMusic 関係の技術情報を発信しています

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」



2017/12/04 (2017年12月 のアーカイブ)

第17回アナログシンセビルダーズサミット(ASBS17)

Twitter Google+ Facebook

12月2日、北の丸公園の科学技術館で年末恒例、第17回アナログシンセビルダーズサミット(ASBS17)が開催されました。
今回は初出展の人も結構いて初めて見るものも多く新鮮でした。

※前から思ってた事だけど、名前が長すぎて「シンセサミット」とか「ビルダーズサミット」とかいつも適当な省略の仕方をするのでググラビリティ的にどうよと思わなくもない。なおTwitterのタグ的には #ASBS17 で統一されています。

会場はここ、武道館の隣の科学技術館です
会場準備中の様子
私はいつものDMX照明セットを並べています。もう今年のネタはこれで押し通してしまった
会場入り口付近で余剰部品の頒布が行われています
シンセDIY界のレジェンド山下さんがついにEuroRackに手を出しました。ライブ映えを考慮してアクリルパネルにLEDでかなり派手派手な感じに。
denha's channel の原田さんの所はLEDバッジや謎ガジェットの小物がいっぱい
houshuさんの屏風シンセ。中身は過去の作品や作りかけの詰め合わせのようです
これは凄い。DIYで良くここまで作ったと感心。仕上げも凄いが中身も音色メモリー付きのアナログ6音ポリシンセでぎっしり詰まっている感じ。部屋のスミスさん作。
一方こちらはDigiLogさんのブースにあった段ボール箱シンセ。ご家庭に良くあるamazonの箱に入っています。パンク感が良い感じに振り切れてる。DigiLogさんの出展のメインはOCTAの方だと思うけどこっちが気になる
sigboostさんもASBSに初参戦。MAXで作った楽器のプログラムをFPGAに落としてハードウェア化するという以前IPAの未踏プロジェクトにもなってた奴です
Maker Faireなんかでも見てたのですがASBSは初参戦らしい。risgkさんのArduinoシンセ。8ビットCPUの性能の限界に挑戦して3音パラフォニック。
DCO+アナログフィルターの5音ポリシンセとパラメータ操作用の専用コントローラという構成のシンセ。Yoroheiさん作
Hitoteさんの謎楽器。ボタンが2オクターブ2段の鍵盤になっていてシンプルなんだけどこれは面白い。ライブとかで映えそう
うーえさん。Native Instruments の Massiveのようなシンセをアナログハードウェアで実現するという壮大な計画。24VCO/72VCA/32EG/32LFO 等々えらい事になっている模様

今回若い人の参戦が増えてだいぶ出展者の平均年齢が下がりましたかね。

しかも皆ポリフォニックのハードウェアアナログシンセのようなかなり高度なものを手掛けています。やる人はやるもんですね。未来は明るいんじゃないかな。

Posted by g200kg : 12:13 AM : PermaLink

2017/11/26 (2017年11月 のアーカイブ)

Node学園祭アフターパーティ

Twitter Google+ Facebook

11月25日、node.jsのカンファレンス、「Node学園祭」のアフターパーティでライブをしてきました。

と言ってもカンファレンス本体とアフターパーティは結構離れた別会場だったので、機材を持ったままうろうろするのを避けてアフターパーティ会場に直行したため、カンファレンス本体の様子はまったくわかっていないのですけどね。

会場はこんな感じ、五反田のfreee様のオフィスです。
ライブ担当のセットアップはこの辺
私はいつものDMX照明セットを並べています。照明以外はPC1台のみで行きます。
この手のイベントで良く一緒になる@sascacci氏。サーバー系DJという謎な肩書の同僚氏とWebMIDI VJ
主催の@amagitakayosiさんはAtom上でGLSLライブコーディング

パーティーの時に説明し忘れたけど私が使っていたプログラムはGitHub上に置いてあります。ただし自分用で作っているのでドキュメントは整備されていません。特徴としては:
  • 音と映像、照明制御(要専用HW)が同時に扱える
  • 自分のやりたい機能しか作っていないので何でもできるわけではない
  • コマンドラインインターフェースでプロパティを1つずつ書き換える形式なので一般的なライブコーディングよりリアルタイムに演奏している感が強い
  • 正直あつかいにくい
https://g200kg.github.io/LiveBeats/

一般的なライブコーディング環境だとある程度構成に合わせて作り込んでおいてコードの抜き差しで変化を付ける的なやりかたができるのだけど、これはコマンドライン直打ちしたものがそのまま反映されるというのが基本です。

まあこういうパフォーマンススタイルが一般的なものなるかというとそうはならない気はするんですけどね。ソースを見てみたいという人がいればどうぞ。

Posted by g200kg : 2:53 AM : PermaLink

2017/11/23 (2017年11月 のアーカイブ)

Sonarの開発/生産が終了するらしい

Twitter Google+ Facebook

ついにこういう事態になってしまったか。多分、日本のユーザーが多かったのではないかと思うのだけどこれはDTM界隈にとってかなりショッキングなニュースではないかなあ。

Studio OneやBitWigなどの新興勢力が力を付けてきたので最近ではあまり目立たなくなっていたものの Windows用のDAWとしてはかつては Cubaseと人気を二分する勢いだったのだけどね。

Sonarの開発を行うCakewalk社と言えばDTM黎明期からのシーケンサー/DAW開発の老舗で2003年にRolandと業務提携、2008年にRolandの子会社となってRolandブランドで DAW のSonarを展開していました。そして2013年にギターで有名なGibsonに買収され、販売は同じくGibsonグループとなっていたTascamブランドで行う、という形が取られていたのですが、ここにきてついに新規開発、販売が終了する、と。

既にSNS上では怨嗟の声も飛び交っていますが、このGibson社、実はこういう事は初めてではなく、1998年にOpcode社を買収し人気が高かったシーケンサー、Visionを手の内にしたのですがそのまま塩漬けにして潰してしまったという経緯があります。どういう判断の経緯があったのかはわかりませんが、DTM界隈ではもう不審の目で見られるのは致し方ない所ですかね。何しろ昨年末まで「ライフタイムフリーアップデート」とか言ってもう毎年のライセンスアップデートは必要ないというキャンペーンをやってたのにまだ1年たってないし。

今後の方向としてはGibsonは民生オーディオに注力すると言っているようですが、2013年頃からCakewalkを買って、TEACを買って、Philipsのホームエンターテインメントを買って...と、何と言うか迷走しているようにも見えるのですがね...。前回Visionの開発終了の際には移行措置も取られず、サーバー上にプログラムが放置されていたり、およそ正常とは思えない状況になっていたりしましたので、終わらせるなら終わらせるでユーザーから恨みを買うような事がないようにして欲しい所です。

Posted by g200kg : 12:36 AM : PermaLink

2017/11/20 (2017年11月 のアーカイブ)

モジュラーフェスティバル TFoM 開催

Twitter Google+ Facebook

11月18日(土)、19日(日)の二日間、国内最大のモジュラーイベントである東京モジュラーフェスティバル(TFoM) 2017が渋谷の RedBull Studio Tokyo および Contact tokyo で開催されました。

展示会場のRedBull Studioの様子をざっと紹介します。

会場の様子、まだ準備中です。
g200kgブースはCVtoDMXのインターフェースとDMX照明を持ち込んでいます。
照明の配置をどうするか悩んだあげく、床に向けて飛ばす事に。
いつものFiveGさんのモジュラー壁はこんな感じ
こちらも大規模なClockface Modularさん
大規模展示は宮路楽器ウーリーズさんもいます
この辺から国内ガレージ勢、CentreVillegeさん
無線系モジュール、キッコサウンドさん
手作りモジュール、XFade Modularさん。スタッフは大体いつもいないw
木工ケース専業、Vivicat Greenさん
Hiraki Instrumentsさん。このあたりの国内ガレージ勢はみんなお馴染み
そういえばDigiLogさんが会場内を流しで放浪していたので机の隅っこに並べてもらった
おむかいにいたのはペルーから参戦しているAtomoSynthさん。アナロギッシュな感じでその筋では評価が高いです。
これは初めてみたテルミンとシンセサイザーを合体させたTheresyn。テルミン音源とシンセ音源の両方が鳴っていてミックスできます。ミュージックメッセとかにも出てたみたいですね。
何かとホットなROLIブースもあります。
これはROLI Blocksをモジュラーラックにマウントして8系統のCVを出す仕掛け。私は出れなかった先日のROLIハッカソンで作ったものらしいです。こんな所に展示場所を確保していたとは、やるねー
BitWigさん! DAWの中でモジュラーに一番を力を入れているのはBitWigです!との事。DAW内のデバイスでLFO等を組み合わせて生成した信号をExpertSleepersのI/F経由で直にCVとして出します。
Modular8さんのブースではビデオ系モジュールを組み合わせてカメラ入力からのVJデモ。
ここはローランドさんのブース。SYSTEM500とか
海外勢、KOMAブース、手前はTipTopさん
Teenage Engineeringさんもいます。シンセ以外のプロダクトも色々試行錯誤しているようですので今後どういう方向に行くのか予想が付かないですね。
Waldorf kb37、ユーロラックモジュールが入れられるキーボード付きのケースです。良い
Deckard's Dream。クローンではなく往年のアナログシンセに最新技術を持ち込む。DIYキットもあるようです。好きな人にはたまらんだろうね
モジュラーらしくないでっかいディスプレイの1010music、toolbox、bitbox、synthbox、fxbox。タッチ操作もできます
一方ライブ会場、1日目のトリはSUGIZOさん+HATAKENさん。モジュラーイベントでは普通見られない最前列を女子が固める態勢
そして2日目のトリ、Phewさん。いやン十年前にレコードを買って凄く良いなと思った事があるんですよ。まさかの懐中電灯スタイル

ちょっと風邪ひいてたし体力が持つかどうかが危ぶまれた2日間でしたがなんとか乗り切れました。

今回は展示会場とライブ会場を完全に分けて距離的に両者の間が徒歩10数分くらい離れていたのですが、結果的にこれが正解ですね。今まで同一会場で展示とライブをやっていた時の爆音ライブ中の横で機材の説明を求められたときの無駄なあがき感が解消されました。

ライブ会場となったContact tokyoですが、特にスタジオルームでのサブソニックの鳴りが相当にエグくて、足から来る振動がマッサージ的に気持ちが良いレベル。やはりこういう所で鳴らさないとな、と。

そして二日目のトリだったPhewさん、昔レコードを買って気に入ったものの、その後の消息を一切知らなかったのでまさかモジュラー使いとしてこのイベントで見る事になるとは思いもしませんでした。ボイスを織り交ぜたドローンという感じ? 良いです。

Posted by g200kg : 10:54 AM : PermaLink

2017/11/06 (2017年11月 のアーカイブ)

今後の出没予定地(TFoM、Node学園祭、ビルダーズサミット)

Twitter Google+ Facebook

11月18-19日はRed Bull Studios Tokyoで東京モジュラーフェスティバル(TFoM)が開催されます。もう来週の末ですね。ブースを出しますので色々準備中です。
詳細はこちら : Tokyo Festival of Modular




その翌週、11月25-26日はnode.jsのカンファレンス「東京Node学園祭」が開催されますが、25日のアフターパーティで少しパフォーマンスをやります。場所は法政大学富士見ゲートです。
詳細はこちら : 東京Node学園際




更に翌週、12月2日は北の丸公園の科学技術館でアナログシンセビルダーズサミットです。こちらにも出展する予定です。
詳細はこちら : 第17回アナログシンセ・ビルダーズ・サミット


意外と予定が詰まっちゃったなあと思いつつ、どれかに参加される方、会場でお会いしましょう。

Posted by g200kg : 7:41 AM : PermaLink

2017/10/14 (2017年10月 のアーカイブ)

ABC2017が開催されました

Twitter Google+ Facebook

2017年10月14日、川崎市産業振興会館‎でABC2017 (Android Bazaar and Conference 2017) が開催されました。
私としては今までAndroid絡みの適当な出し物もないのでABCには参加してこなかったのですが、Web Music Developers JPのブースを出すという事で割と適当に見繕って持ち込んできました。

話に聞いていた通り、結構みなさん好き勝手に持ち込んでいる印象でAndroidとの関係とか誰もあまり気にしていない集まりのようです。そういうものだったか。

という事でカンファレンスの方は全く聞いていないのですが、展示にどんなものがあったか目についたものをざっくりと。

Web Music Developers JPのブース。私が持ち込んだのはWebMIDIからDMX照明を制御するデモです。

ドローン制作教室の案内とか

超小型IoTセンサーの紹介とか

VRの体験コーナーとか

絵を描く(描こうとしている)ロボットとか

スクラッチを使った子供向けプログラミング教室とか

Kotlinの本とか




日本アンドロイドの会の各地の支部活動のブースと企業ブースが半々くらいの感じですかね。なんだかよくわからないけど九州方面の人が島原そうめんを配っていたのでもらってきました。

それはそれとして、このところIoT IoTってあまりに聞き過ぎて、最近ちょっとあれなんかこの言葉古臭いんじゃね? とか思うようになってしまいました。こういう言葉の運命のようなものだと思うのだけど、多分こういう変化って一気にくるんじゃないかなぁ。そろそろ危険なのかもね。

Posted by g200kg : 11:08 PM : PermaLink

2017/10/08 (2017年10月 のアーカイブ)

ROLI Blocks ハッカソンとかABC2017とか

Twitter Google+ Facebook

Web Music Demo Party #1 が終わったばかりですが、昨日今日は六本木Googleオフィスで ROLI Blocks のハッカソンがあったのだよね。私は日程が色々と連チャン過ぎて行くのを断念したのだけど、何か面白いものできたのかなぁ、発表だけでも見に行けばよかった。プレゼンの様子の配信とかやってくれるのかな?
しかしROLI製品の音楽系ギークの心を揺さぶるセンス、いいよねー。


TOKYO BLOCKS HACKATHON






そして今度の土曜日、10月14日には ABC2017 (Android Bazaar and Conference 2017) が川崎で開催されます。こちらには Web Music Developers JPブースがちょっとだけ出る予定です。ただしあまり音は出さない、かな? 私としてはせっかくの近場だし照明機材だけ持ち込むつもりです。(Androidとの関係については、その気になればAndroid端末からでも制御できる、という程度の関わりですがその辺はかなり緩いっぽい :)


Android Bazaar and Conference 2017 in KAWASAKI

Posted by g200kg : 6:10 PM : PermaLink

2017/10/07 (2017年10月 のアーカイブ)

Web Music Demo Party #1が開催されました

Twitter Google+ Facebook

あいにくの雨でしたが、Web Music Demo Party #1、一応無事終了かな?
今回DMX照明をごちゃごちゃと持ち込んだのでセッティングが色々ヤバめであまり写真とか撮ってる余裕がなかったな。

ライブ勢のセッティング。手前から私、@toyoshimさん、@sascacciさん、Nomotoさんの順です。
私のセッティング。音はLiveBeatsのみなのでモジュラーはなし。変わりにDMX照明を並べています。パーライトがまぶしいのでこの後、後ろに移動しましたがそれだと状態が全く見えないのでどうするべきか迷う所
@sascacci + Naoki Nomotoさんのセッティング。Tidal+モジュラーのライブコーディングとWebベースのVJの組み合わせです。良いものを見た。
LT勢の怪しいブツ。Maker Faire Tokyo 2017 で一部のマニアの間で話題になったFM音源チップ、YMF825を搭載したロボット。えっ
HTML5カンファレンスの時にもいた@tadfmacさんの例の鳥。今日は「ち~ん」と共に登場

印象的だったのは@sascacci + Naoki NomotoさんのTidal/Modular+VJかな。それぞれ別に作ってきて現場でぶっつけで繋いだとは思えない完成度。素晴らしい。

今回はライブとLTの組み合わせという試みで、会場がIT系オフィスビルなのでライブをやるには音量的に厳しい感はあります。こういうスタイルでやるベストな環境ってどうすれば良いのかなあ

Posted by g200kg : 2:36 AM : PermaLink

g200kg