RSS Twitter Facebook
DTM / シンセサイザー / VST / WebMusic 関係の技術情報を発信しています

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」



2017/11/23 (2017年11月 のアーカイブ)

Sonarの開発/生産が終了するらしい

Twitter Google+ Facebook

ついにこういう事態になってしまったか。多分、日本のユーザーが多かったのではないかと思うのだけどこれはDTM界隈にとってかなりショッキングなニュースではないかなあ。

Studio OneやBitWigなどの新興勢力が力を付けてきたので最近ではあまり目立たなくなっていたものの Windows用のDAWとしてはかつては Cubaseと人気を二分する勢いだったのだけどね。

Sonarの開発を行うCakewalk社と言えばDTM黎明期からのシーケンサー/DAW開発の老舗で2003年にRolandと業務提携、2008年にRolandの子会社となってRolandブランドで DAW のSonarを展開していました。そして2013年にギターで有名なGibsonに買収され、販売は同じくGibsonグループとなっていたTascamブランドで行う、という形が取られていたのですが、ここにきてついに新規開発、販売が終了する、と。

既にSNS上では怨嗟の声も飛び交っていますが、このGibson社、実はこういう事は初めてではなく、1998年にOpcode社を買収し人気が高かったシーケンサー、Visionを手の内にしたのですがそのまま塩漬けにして潰してしまったという経緯があります。どういう判断の経緯があったのかはわかりませんが、DTM界隈ではもう不審の目で見られるのは致し方ない所ですかね。何しろ昨年末まで「ライフタイムフリーアップデート」とか言ってもう毎年のライセンスアップデートは必要ないというキャンペーンをやってたのにまだ1年たってないし。

今後の方向としてはGibsonは民生オーディオに注力すると言っているようですが、2013年頃からCakewalkを買って、TEACを買って、Philipsのホームエンターテインメントを買って...と、何と言うか迷走しているようにも見えるのですがね...。前回Visionの開発終了の際には移行措置も取られず、サーバー上にプログラムが放置されていたり、およそ正常とは思えない状況になっていたりしましたので、終わらせるなら終わらせるでユーザーから恨みを買うような事がないようにして欲しい所です。

Posted by g200kg : 12:36 AM : PermaLink

2017/11/20 (2017年11月 のアーカイブ)

モジュラーフェスティバル TFoM 開催

Twitter Google+ Facebook

11月18日(土)、19日(日)の二日間、国内最大のモジュラーイベントである東京モジュラーフェスティバル(TFoM) 2017が渋谷の RedBull Studio Tokyo および Contact tokyo で開催されました。

展示会場のRedBull Studioの様子をざっと紹介します。

会場の様子、まだ準備中です。
g200kgブースはCVtoDMXのインターフェースとDMX照明を持ち込んでいます。
照明の配置をどうするか悩んだあげく、床に向けて飛ばす事に。
いつものFiveGさんのモジュラー壁はこんな感じ
こちらも大規模なClockface Modularさん
大規模展示は宮路楽器ウーリーズさんもいます
この辺から国内ガレージ勢、CentreVillegeさん
無線系モジュール、キッコサウンドさん
手作りモジュール、XFade Modularさん。スタッフは大体いつもいないw
木工ケース専業、Vivicat Greenさん
Hiraki Instrumentsさん。このあたりの国内ガレージ勢はみんなお馴染み
そういえばDigiLogさんが会場内を流しで放浪していたので机の隅っこに並べてもらった
おむかいにいたのはペルーから参戦しているAtomoSynthさん。アナロギッシュな感じでその筋では評価が高いです。
これは初めてみたテルミンとシンセサイザーを合体させたTheresyn。テルミン音源とシンセ音源の両方が鳴っていてミックスできます。ミュージックメッセとかにも出てたみたいですね。
何かとホットなROLIブースもあります。
これはROLI Blocksをモジュラーラックにマウントして8系統のCVを出す仕掛け。私は出れなかった先日のROLIハッカソンで作ったものらしいです。こんな所に展示場所を確保していたとは、やるねー
BitWigさん! DAWの中でモジュラーに一番を力を入れているのはBitWigです!との事。DAW内のデバイスでLFO等を組み合わせて生成した信号をExpertSleepersのI/F経由で直にCVとして出します。
Modular8さんのブースではビデオ系モジュールを組み合わせてカメラ入力からのVJデモ。
ここはローランドさんのブース。SYSTEM500とか
海外勢、KOMAブース、手前はTipTopさん
Teenage Engineeringさんもいます。シンセ以外のプロダクトも色々試行錯誤しているようですので今後どういう方向に行くのか予想が付かないですね。
Waldorf kb37、ユーロラックモジュールが入れられるキーボード付きのケースです。良い
Deckard's Dream。クローンではなく往年のアナログシンセに最新技術を持ち込む。DIYキットもあるようです。好きな人にはたまらんだろうね
モジュラーらしくないでっかいディスプレイの1010music、toolbox、bitbox、synthbox、fxbox。タッチ操作もできます
一方ライブ会場、1日目のトリはSUGIZOさん+HATAKENさん。モジュラーイベントでは普通見られない最前列を女子が固める態勢
そして2日目のトリ、Phewさん。いやン十年前にレコードを買って凄く良いなと思った事があるんですよ。まさかの懐中電灯スタイル

ちょっと風邪ひいてたし体力が持つかどうかが危ぶまれた2日間でしたがなんとか乗り切れました。

今回は展示会場とライブ会場を完全に分けて距離的に両者の間が徒歩10数分くらい離れていたのですが、結果的にこれが正解ですね。今まで同一会場で展示とライブをやっていた時の爆音ライブ中の横で機材の説明を求められたときの無駄なあがき感が解消されました。

ライブ会場となったContact tokyoですが、特にスタジオルームでのサブソニックの鳴りが相当にエグくて、足から来る振動がマッサージ的に気持ちが良いレベル。やはりこういう所で鳴らさないとな、と。

そして二日目のトリだったPhewさん、昔レコードを買って気に入ったものの、その後の消息を一切知らなかったのでまさかモジュラー使いとしてこのイベントで見る事になるとは思いもしませんでした。ボイスを織り交ぜたドローンという感じ? 良いです。

Posted by g200kg : 10:54 AM : PermaLink

2017/11/06 (2017年11月 のアーカイブ)

今後の出没予定地(TFoM、Node学園祭、ビルダーズサミット)

Twitter Google+ Facebook

11月18-19日はRed Bull Studios Tokyoで東京モジュラーフェスティバル(TFoM)が開催されます。もう来週の末ですね。ブースを出しますので色々準備中です。
詳細はこちら : Tokyo Festival of Modular




その翌週、11月25-26日はnode.jsのカンファレンス「東京Node学園祭」が開催されますが、25日のアフターパーティで少しパフォーマンスをやります。場所は法政大学富士見ゲートです。
詳細はこちら : 東京Node学園際




更に翌週、12月2日は北の丸公園の科学技術館でアナログシンセビルダーズサミットです。こちらにも出展する予定です。
詳細はこちら : 第17回アナログシンセ・ビルダーズ・サミット


意外と予定が詰まっちゃったなあと思いつつ、どれかに参加される方、会場でお会いしましょう。

Posted by g200kg : 7:41 AM : PermaLink

2017/10/14 (2017年10月 のアーカイブ)

ABC2017が開催されました

Twitter Google+ Facebook

2017年10月14日、川崎市産業振興会館‎でABC2017 (Android Bazaar and Conference 2017) が開催されました。
私としては今までAndroid絡みの適当な出し物もないのでABCには参加してこなかったのですが、Web Music Developers JPのブースを出すという事で割と適当に見繕って持ち込んできました。

話に聞いていた通り、結構みなさん好き勝手に持ち込んでいる印象でAndroidとの関係とか誰もあまり気にしていない集まりのようです。そういうものだったか。

という事でカンファレンスの方は全く聞いていないのですが、展示にどんなものがあったか目についたものをざっくりと。

Web Music Developers JPのブース。私が持ち込んだのはWebMIDIからDMX照明を制御するデモです。

ドローン制作教室の案内とか

超小型IoTセンサーの紹介とか

VRの体験コーナーとか

絵を描く(描こうとしている)ロボットとか

スクラッチを使った子供向けプログラミング教室とか

Kotlinの本とか




日本アンドロイドの会の各地の支部活動のブースと企業ブースが半々くらいの感じですかね。なんだかよくわからないけど九州方面の人が島原そうめんを配っていたのでもらってきました。

それはそれとして、このところIoT IoTってあまりに聞き過ぎて、最近ちょっとあれなんかこの言葉古臭いんじゃね? とか思うようになってしまいました。こういう言葉の運命のようなものだと思うのだけど、多分こういう変化って一気にくるんじゃないかなぁ。そろそろ危険なのかもね。

Posted by g200kg : 11:08 PM : PermaLink

2017/10/08 (2017年10月 のアーカイブ)

ROLI Blocks ハッカソンとかABC2017とか

Twitter Google+ Facebook

Web Music Demo Party #1 が終わったばかりですが、昨日今日は六本木Googleオフィスで ROLI Blocks のハッカソンがあったのだよね。私は日程が色々と連チャン過ぎて行くのを断念したのだけど、何か面白いものできたのかなぁ、発表だけでも見に行けばよかった。プレゼンの様子の配信とかやってくれるのかな?
しかしROLI製品の音楽系ギークの心を揺さぶるセンス、いいよねー。


TOKYO BLOCKS HACKATHON






そして今度の土曜日、10月14日には ABC2017 (Android Bazaar and Conference 2017) が川崎で開催されます。こちらには Web Music Developers JPブースがちょっとだけ出る予定です。ただしあまり音は出さない、かな? 私としてはせっかくの近場だし照明機材だけ持ち込むつもりです。(Androidとの関係については、その気になればAndroid端末からでも制御できる、という程度の関わりですがその辺はかなり緩いっぽい :)


Android Bazaar and Conference 2017 in KAWASAKI

Posted by g200kg : 6:10 PM : PermaLink

2017/10/07 (2017年10月 のアーカイブ)

Web Music Demo Party #1が開催されました

Twitter Google+ Facebook

あいにくの雨でしたが、Web Music Demo Party #1、一応無事終了かな?
今回DMX照明をごちゃごちゃと持ち込んだのでセッティングが色々ヤバめであまり写真とか撮ってる余裕がなかったな。

ライブ勢のセッティング。手前から私、@toyoshimさん、@sascacciさん、Nomotoさんの順です。
私のセッティング。音はLiveBeatsのみなのでモジュラーはなし。変わりにDMX照明を並べています。パーライトがまぶしいのでこの後、後ろに移動しましたがそれだと状態が全く見えないのでどうするべきか迷う所
@sascacci + Naoki Nomotoさんのセッティング。Tidal+モジュラーのライブコーディングとWebベースのVJの組み合わせです。良いものを見た。
LT勢の怪しいブツ。Maker Faire Tokyo 2017 で一部のマニアの間で話題になったFM音源チップ、YMF825を搭載したロボット。えっ
HTML5カンファレンスの時にもいた@tadfmacさんの例の鳥。今日は「ち~ん」と共に登場

印象的だったのは@sascacci + Naoki NomotoさんのTidal/Modular+VJかな。それぞれ別に作ってきて現場でぶっつけで繋いだとは思えない完成度。素晴らしい。

今回はライブとLTの組み合わせという試みで、会場がIT系オフィスビルなのでライブをやるには音量的に厳しい感はあります。こういうスタイルでやるベストな環境ってどうすれば良いのかなあ

Posted by g200kg : 2:36 AM : PermaLink

2017/10/04 (2017年10月 のアーカイブ)

ChromeでWebGLをぶん回しながらWebAudioで音を出す

Twitter Google+ Facebook

今までかなーり古いMacBookAirを使っていて、さすがにパフォーマンス的に問題が出てきたので新しいMacBookProに乗り換えました。基本的にメインマシンはWindowsなのでMacは持ち運び用なんですけどね。小さいのが良いのだけどAirの11インチモデルが無くなってしまって重さはともかくAirの13インチよりProの13インチの方が小さいというのもあるし。

しかしまあ、これで今まで問題だったChromeでWebGLをぶん回しながらWebAudioで音を出す系の奴も快適に...と思ったらどうもそう簡単でもないようで。

今までChrome上で起こっていたシェーダープログラムのコンパイルが走った瞬間に一切合切1秒間ほど固まったりというのは無くなってCPUの性能向上は確実に感じられるのだけど、どういうわけか動作中の何気ない瞬間に「ぷち」とかオーディオデータのアンダーフロー的なノイズが入ったりします。これは今までAirで走らせていた時はなかったんだがなぁ。MacBookProめその程度か。

それでどうしたものやらと弄った結果、結局これは確定ではないけどWebGL/シェーダーにかかる負荷がディスプレイがRetinaになって激増したせいではないかと推察。もともとChromeの設定としてもMacの音関係はWindowsに比べてレイテンシーが小さく、それ故に楽器系には向いているのだけど負荷がかかった時のアンダーフローには弱いのだよね。

となると、もう少し負荷を下げるためにWebGL周りでレゾリューションを調整したりフレームレート落としたり、というのが正攻法かも知れないけど、取りあえずChromeのオーディオバッファを増やすという手段に出てみました。

Chromeの各種設定ができるChrome:flags画面にも載っていないしあまり情報はないのだけど、起動オプションで
--audio-buffer-size=xxx

という奴が使えるようです。まずはターミナルから起動してテスト:

open /Applications/Google\ Chrome.app/ --args --audio-buffer-size=2048

Chromeのアプリは "Google Chrome" なので途中のスペースをバックスラッシュでエスケープする必要があります。--args の後ろが起動するアプリに渡されるオプションになりますのでここに --audio-buffer-size=2048 を渡します。

これで起動したChromeはオーディオバッファサイズが指定の通り大きく設定されますのでノイズが改善されるかどうか確認します。なおこの指定が無い場合のバッファサイズはOSXでは256ですが、Windowsではもともと512のようです。この指定はChrome内部の処理ブロックのサイズに影響を与え、例えばScriptProcessorに渡ってくるデフォルトのバッファサイズはこのサイズの4倍になります。

内部の処理がどう分割されているのかわかっていませんが、44.1kHzで2048サンプルは46msecくらいですのでかなり長めですね。当然ながらバッファサイズが大きくなるとレイテンシーは悪化しますので音にノイズが乗らない範囲でバッファサイズは小さくする必要があります。レイテンシー46msecだとリアルタイム楽器関係はちょっと演奏できません。

これでいけそうなら、毎回ターミナルから起動するのはいまいちなのでアイコンから起動できるようにします。多分ここから先は色々手段があると思いますが、取りあえずAutomatorで。


「シェルスクリプトを実行」をドロップしてコマンドラインを指定します。

これをアプリケーションとして保存して完成。

このままだとアイコンがAutomatorのものになるのでChromeのアイコンにしたければ、両方の「情報をみる」画面の左上のアイコン間でコピペできます。

まあこれでWebGLをぶん回しながらWebAudioで音を出す系アプリでの音切れは回避できたのですが、問題がないわけではないんですよね。バッファを大きくすると当然レイテンシーが大きくなるので操作に対して本当にリアルタイムで反応しないといけないようなものには不向きです。

それから気を付けないといけないのは、オプションを付けていない通常のChromeが動作している状態だと、これで起動してもオーディオバッファが増えた状態になりませんので、必ずChromeを完全に終了させてから起動しないと効果がありません。やっぱりちょっと使い方として厄介な感じはありますが、まあこんな姑息な方法もあるという事で。

Posted by g200kg : 2:08 PM : PermaLink

2017/09/27 (2017年09月 のアーカイブ)

今更ですが Web Music Developers JP フロントページ

Twitter Google+ Facebook

このところ「Web Music Developers JP」名義での各種イベントの主催や参加が矢継ぎ早にあるのですが、このWeb Music Developers JP の実体は取りあえず Google groups のメーリングリストではあります。

https://groups.google.com/forum/#!forum/web-music-developers-jp

ただ、イベント等でこのコミュニティの紹介をする際に Google groups の URL しかないとちょっと締まらないので、なんとなくそれらしいフロントページが欲しいな、という事で今更ですけど Web Music Developers JP のページができました。まあ表紙だけで中身はあまりないのですが、コミュニティとしてのイベント開催/参加の際は案内をアップデートして行きたいと思いますので、コミュニティを紹介する際にでも使っていただければと思います。

https://developers.webmusic.io/


Posted by g200kg : 3:46 PM : PermaLink

2017/09/25 (2017年09月 のアーカイブ)

9月24日、HTML5カンファレンスが開催されました

Twitter Google+ Facebook

9月24日、東京電機大学(TDU)北千住キャンパスで今年もHTML5カンファレンスが開催されました。Web技術の各テーマに沿ったセッションと共に、各企業や団体によるブースも展示されています。

という事で Web Music Developers JP もブースを出してきました。

北千住駅のすぐ近くにあるTDUのキャンパスです
HTML5カンファレンスの看板はこんな感じ
展示ブースの部屋は各セッションの間の休憩時間に集中的に人が増えます。
今回のWeb Music Developers JPのブース。私と@takmizさん、@tadfmacさんの持ち寄りです。
私が持ち込んだのはLiveBeatsにDMX照明制御を組み合わせたものです。
こちらは@takmizさんのTrend Sampler。SNS上のトレンドワードを音声化して再生するサンプラーです。
@tadfmacさんの缶叩き機。今回はminiバージョンですが、シャウティングチキンという鳥のおもちゃの声をトリガーにして缶を叩く謎の機械です。
展示ブースの部屋の一口にガチャ。
CyberAgentさんがやっていたアンケート、興味深いです。うむ、やはり WebAssembly だな。
レバテックさんのフォント当てクイズ。当てるとお菓子がもらえます。
こちらは恒例の CodeIQ さんのお菓子コーナー。
Pixivさんはライブコーディング、というか普通に会社の仕事をここでやっている疑惑。
こちらは転職ドラフトさんのガチャ。ていうか転職系多いな...
カヤックさんでは、去りゆくFLASHさんにメッセージを残そうという企画。

という事で無事終了しましたが、今回照明系に手を出したもので荷物が多い。荷物が多くなると疲労が激増するというのを実感しました、いや疲れた。

どういうわけか今年の展示ブースは企業ブースが殆どで怪しげな機械を持ち込むコミュニティのような所は我々だけで、ちょっと空気を読んでいない感はなくもないんですが。

前回 html5j の部活動ブースみたいな謎展示が目立っていたのに比べると企業ブースのビジネス感が高まった感じですかね。転職系のブースが幾つかありましたが、Web技術系、人不足なんでしょうか。

Posted by g200kg : 5:29 AM : PermaLink

g200kg