RSS Twitter Facebook

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Acid アシッド
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典


Acid アシッド

辞典内検索:

1. ループシーケンサーというジャンルを確立した音楽制作用ソフトの名前。この意味で使われる場合は「ACID」と大文字表記である事が多い。 もともとはテンポを可変にできるようにスライスポイントを入れた(アシッダイズされた)ループを扱うソフトだったが、最近ではMIDI機能の強化などを行い、通常のDAWとしての使用も可能になってきている。

元は米SonicFoundry社の製品で2003年にSONYに買い取られ、現在はSony Creative Software(SCS)ブランドとなっている。販売はそれまでフックアップ社が行っていたが、2015年7月よりソースネクスト社が販売している。また、2016年には独MAGIX社が、ACIDを含む音響・映像系ソフトウェアをSCSより買い取るとの発表があった。

2. 音の形容詞としてAcidという言葉が使用される場合がある。 レゾナンスをあげたフィルタースイープさせたような音を指す。ローランドのベースシーケンサーであるTB-303の音がその代表格である。もともとは「Acid」はLSDを意味する俗語である。幻覚を思わせるようなミニマルなループを多用するアシッドハウスと呼ばれる音楽ジャンルに始まり、「アシッド」という形容は様々な音楽ジャンルでも用いられるようになった。



g200kg