RSS Twitter Facebook
g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Solo ソロ

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典


Solo ソロ

辞典内検索:

「独唱」という意味。DTM関連の用語としてはミキサーの機能で特定のチャンネルの音だけを鳴らす事を指す。これとは逆に特定のチャンネルの音を消す機能を「ミュート」と呼ぶ。

マルチトラックで楽曲を作ってゆく際に、各トラックの音をチェックするため頻繁に使用する事になる基本的な機能であり、DAWなどのミキサーでもこの「ソロ」機能と「ミュート」機能は、通常セットでボタンが搭載されている。

このソロ機能の動作モードとして ( SIP / PFL / AFL ) が選択できるようになっている場合もある。SIP の場合はそのチャンネルのフェーダーパンを反映した状態でモニターするが、PFLの場合はフェーダーパンを無視してチャンネルに入力されている音をチェックするためのモードである。またAFLフェーダーは反映するが(通常)パンは無視される。

DAW上などのレコーディング用のミキサーでは、モードについて特に言及がない場合は SIP モードである事が多い。

一方、PA用のミキサーでは、メインのスピーカーに影響を与えずに入力信号のチェックを行うために、フェーダーパンを無視して特定のチャンネルの音をモニター出力(コントロールルーム出力)にだけ送るPFLモードの切り替えボタンが各チャンネルに用意されている事が多い。

【参照】
DTM
ミキサー
ミュート
トラック
DAW
PFL
AFL
フェーダー
パン
PA


g200kg