RSS Twitter Facebook
g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Rim Shot リムショット

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典


Rim Shot リムショット

辞典内検索:

スネアドラムを叩く際に皮が張られた面(ヘッド)を叩くと同時に縁の部分(リム)を叩く奏法(アーティキュレーション)の事を指す。通常のスネアの音に加えてリム部分を叩く音が加わり、強いアクセントを付ける事ができる。

また、広義にはリム部分だけで音を出す「サイドスティック」と呼ばれる叩き方も含めて「リムショット」と呼ぶ場合もある。この場合は「カッ」と言うような余韻の短い硬い音になる。ヘッドとリムを同時に叩く奏法を「オープンリムショット」、リムだけで音を出すサイドスティック奏法を「クローズリムショット」と呼び分ける事もある。

なおリズムマシンの音色に関しては、伝説的なローランドTR-808TR-909 でもサイドスティック(クローズリムショット)の音に「リムショット」という名前が付けられており、単に「リムショット」と言うとサイドスティックの音色である事が多い。



g200kg