[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > TR-808 ティーアールハチマルハチ
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


TR-808 ティーアールハチマルハチ

辞典内検索:

ローランドが1980年に発売したハイエンドのリズムマシンリズムマシンとしては大きな筐体である。 型番から"ヤオヤ"と呼ばれ、PCM音源を使用しないアナログなリズム音源の最高峰だった。 当時の定価は168000円だった(はず)。 金物の音がホワイトノイズベースではないXORゲートを用いたリングモジュレーション系の音であり、当時としては画期的だった。

廉価版として「Drumatix(ドラマチックス)」の愛称を持つTR-606がある。また、後継のPCM音源とのハイブリッドなTR-909も名機と呼ばれる。 この後、リズムマシンは急速にPCM音源方式に移行してゆき、TR-808も一時忘れ去られるが、テクノハウスシーンであえて機械的な、ちゃかぽこした音を前面に押し出す使い方で再びブレークした。 今でもビンテージ機材としてプレミア付きで流通している。

ドラム系のサンプラー機器などではエレクトロな音色としてTR-808の音が(TR-909TR-606と並んで)準備されている事が多い。

また現在、ドイツacidlab社からはMIDI対応などの強化がされた形でTR-808のクローン製品が発売されている。



g200kg