[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」



2015/08/28

ディジュリドゥ

Twitter Google+ Facebook

ディジュリドゥ(didgeridoo)という楽器に興味が出てきてPVC製の安い入門用の奴をポチってしまいました。5000円くらい。アボリジニが使う楽器で最古の管楽器と言われているらしいです。元々はシロアリが食って穴があいたユーカリの木を使うのだとか。長さは140cmくらいあるのでぼわぼわいうかなり低い音がでます。

構造はと言うと単なるパイプで、唇を振動させて音を出す金管楽器に属します(木製もしくはPVC製ですけど)。長さも固定で基本的に音程は固定、どちらかというと音を刻んでリズム楽器として使用するイメージです。

それでまあ単発でブオーと鳴らすだけならそんなに問題ないのですが、ディジュリドゥの場合は循環呼吸というやり方で音を途切らせずに延々と鳴らし続けるのが基本的な奏法という事なのです。が、これができない....

循環呼吸は他の管楽器でも特殊な奏法としては使われるらしいですが、要するに鼻で息を吸いながら口では連続してひたすら吹き続ける、と。可能なのかよ、という気がしますが下の図を見れば原理的にはわからんでもないです、できないけど↓

コップに水入れてストローでぶくぶくしながら練習すると良いらしいです。息の切り替え時の繋ぎがむずい(化学の先生は実験の時にそういう吹き方をするので慣れてる人がいるとか、そうなのかー)。

Posted by g200kg : 4:32 PM : PermaLink

2015/08/24

YMO楽器展@横浜

Twitter Google+ Facebook


展示されているブツとしては楽器フェアでやっていたのと同じだと思いますが、せっかく近くでやってるので見てきました。YMO楽器店@横浜赤レンガ倉庫です。70'sバイブレーションというポップカルチャー展の一部として行われていて、このYMO展示関連だけが撮影OKという扱いです。



YMOのステージを再現したような展示になっています。


左は教授ポジション、奥にはもちろんタンス。


そして松武先生登場。観客に背を向ける定位置へ。テーマは「そろそろ秋だから虫の音」という事でサウンドメイキングデモ中。週末とかにここに来てデモされているようです。


なかなか貴重そうな資料。機材配置とか書いてあります。なんと言うかもう35年くらい前なのでテクノロジーとしては完全にレトロなはずなんですが、最近のアナログ製品のリイシューやらもあって今でも最先端にも見える。すごい。


Posted by g200kg : 9:30 AM : PermaLink

2015/08/06

Win10 EdgeのWebAudioAPI

Twitter Google+ Facebook
Windowsユーザーの方、Windows10の配信が始まってもうそろそろ1週間経ちますしアップグレードは行きわたった頃なんでしょうか? 私も予約はかなり遅かったのですが順番が回ってきたようなのでアップグレードしました。

それでまあ、とりあえずチェックするのは新しいブラウザ「Edge」のWeb Audio API サポート状況なんですが、APIのサポートとしては現在エディターズドラフトで入ってきている最新仕様の一部を除いてほぼカバーされています。

未対応なのは、
といった所で、WorkingDraft以降に追加されたものでもStereoPannerなんかも既に入っているようです。印象としてはFirefoxがWeb Audio APIのサポートを始めた頃に比べると細かい挙動がかなりChromeに近いように思います。ポジション的にはChromeのちょっと後追いくらいの位置付けですかね。

まあまとまったアプリを作るとなるとどこで引っかかるかわからないのでWeb Audio APIだけじゃなくて総合的に判断する必要があるんでしょうけど、なかなか良いんじゃないでしょうか。今までオーディオ系アプリではMS製ブラウザは蚊帳の外だったのでこれでWeb上で普通にオーディオを扱う環境がまた前進した感じです。

と、思いきや...

なんかWin10にするとChromeのJSのパフォーマンスが落ちてないかな...??
ちゃんと調べないとわからないけど今まで動いていた奴がなんか引っかかるようになってる気がする
え~?

Posted by g200kg : 9:47 PM : PermaLink

2015/08/04

webmusic-icons PNG/SVGダウンロードサポート

Twitter Google+ Facebook

webmusic-iconsのアイコンは基本的にはPolymerElementsのiron-iconタグで使う事を想定しているのですが、PNG形式やSVG形式でもダウンロードできるようにしました。

なお、PNGとSVGのダウンロードは読み込まれたiron-iconset-svgから元データを取り出そうとしてるのですがChrome/Firefox以外だとうまくいかない模様です。

webmusic-icons

Posted by g200kg : 9:11 AM : PermaLink

2015/07/30

webmusic-icons

Twitter Google+ Facebook

音楽系のWebアプリを作る時に使えそうなアイコンを少しだけですが作ってみました。GitHubのWebMusicDevelopersJPのページに置いてあります。ライセンスはCC0にしてありますのでご自由にどうぞ。

webmusic-icons


このアイコンセットはPolymerElementsの「iron-iconset-svg」を使っています。以前は「core-icon-***」という名前だったのですが、「iron-icon-***」に名前が変わったんですね。 svgなので、拡大/縮小も自在で色を変える事もできます。

使う際にはリンク先のページにも書いてありますが、事前の準備として Polymer, iron-icon, iron-iconset-svg を読み込む必要があります。
<!doctype html>
<html>
.
.
<script src="bower_components/webcomponentsjs/webcomponents.min.js"></script>
<link rel="import" href="bower_components/iron-icon/iron-icon.html">
<link rel="import" href="bower_components/iron-iconset-svg/iron-iconset-svg.html">
<link rel="import" href="webmusic-icons.html">
.
.
.
</html>
という感じですね。
一度読み込んだ後は<iron-icon icon="アイコン名">タグで種類を指定して表示できます。このアイコンのためだけにpolymerを読み込むのはちょっと面倒かも知れませんが、polymerベースでWebページを作る時には便利に使えるかと思います。まだアイコンの種類も少ないですが気が向いたらぼちぼち追加して行きたいと思います。

Posted by g200kg : 7:03 AM : PermaLink

2015/07/27

Web Music ハッカソン #4@京都

Twitter Google+ Facebook


暑いさなかですが7月25日、京都リサーチパークにてWebMusicDevelopersJP/GDG京都/GDG神戸共催で「Web Music ハッカソン #4@京都」が開催されました。今まで東京で開催していたWebMusicハッカソン初の関西進出です。左が京都リサーチパーク(KRP)の建物です。


左、LittleBitsにポケミク、NanoKeyなど、準備されている機材はこんな感じです。このハッカソンも最初の頃は加減がわからず機材が多すぎて事前の説明で時間を消費してしまったりしていたのですが、だいぶこなれてきました。という事で思い思いにハック開始。使える時間は実質5~6時間程度なのですが、なかなかスムーズに進行しているようです。


さて成果発表の時間です。左、Reaktorぽいアプリ、こういうの作りたくなるよね。処理はScriptProcessor内でやっている模様。右WebAudioを使ったギターチューナー。実にわかりやすいしハッカソン向きのテーマかもしれない。


左、iPhoneから制御するオシレーター。振るとオシレーターシンクがかかります。なかなかえぐい音。右、古いプレステ用のギター型コントローラーを無理やり繋いでみた図。GamePad I/F経由らしい。


左、Web MIDI 経由で動作するScratch製ゲーム。親子参加での開発です。右、ドット絵がシーケンサーになるアプリ。マルチユーザーにも対応し、WebGLやらFireBaseやらテクノロジーてんこ盛りです。


左、LittleBits => MIDI In => PC => MIDI Out => ポケミク、という接続でLittleBitsとポケミクがつながっています。右はマルチユーザーの分散型シーケンサー。ログインした各ユーザーの手元に各トラックを分散して鳴らします。ちょっと今までにない感じの効果が期待できます。


左はチューター@sascatchさん、靴にセンサーを仕込んでステップを踏んでドラム音をトリガーします。右は@aike1000さん、DJ風UIの円形に波形をそのまま貼り付けられます。


私の方はArturiaのBeatStepをLiveBeatsに組み合わせてみました。

という事で全予定を終了。打ち上げはこんな所でした。京都っぽい! 打ち上げではいつもに増して濃い内容のトークがw
関西での開催は初めてでしたが、なかなか充実した内容でした。参加者、関係者の皆様お疲れ様でした。


Posted by g200kg : 7:40 AM : PermaLink

2015/07/27

Web Music ハッカソン #4@京都

Twitter Google+ Facebook


暑いさなかですが7月25日、京都リサーチパークにてWebMusicDevelopersJP/GDG京都/GDG神戸共催で「Web Music ハッカソン #4@京都」が開催されました。今まで東京で開催していたWebMusicハッカソン初の関西進出です。左が京都リサーチパーク(KRP)の建物です。


左、LittleBitsにポケミク、NanoKeyなど、準備されている機材はこんな感じです。このハッカソンも最初の頃は加減がわからず機材が多すぎて事前の説明で時間を消費してしまったりしていたのですが、だいぶこなれてきました。という事で思い思いにハック開始。使える時間は実質5~6時間程度なのですが、なかなかスムーズに進行しているようです。


さて成果発表の時間です。左、Reaktorぽいアプリ、こういうの作りたくなるよね。処理はScriptProcessor内でやっている模様。右WebAudioを使ったギターチューナー。実にわかりやすいしハッカソン向きのテーマかもしれない。


左、iPhoneから制御するオシレーター。振るとオシレーターシンクがかかります。なかなかえぐい音。右、古いプレステ用のギター型コントローラーを無理やり繋いでみた図。GamePad I/F経由らしい。


左、Web MIDI 経由で動作するScratch製ゲーム。親子参加での開発です。右、ドット絵がシーケンサーになるアプリ。マルチユーザーにも対応し、WebGLやらFireBaseやらテクノロジーてんこ盛りです。


左、LittleBits => MIDI In => PC => MIDI Out => ポケミク、という接続でLittleBitsとポケミクがつながっています。右はマルチユーザーの分散型シーケンサー。ログインした各ユーザーの手元に各トラックを分散して鳴らします。ちょっと今までにない感じの効果が期待できます。


左はチューター@sascatchさん、靴にセンサーを仕込んでステップを踏んでドラム音をトリガーします。右は@aike1000さん、DJ風UIの円形に波形をそのまま貼り付けられます。


私の方はArturiaのBeatStepをLiveBeatsに組み合わせてみました。

という事で全予定を終了。打ち上げはこんな所でした。京都っぽい! 打ち上げではいつもに増して濃い内容のトークがw
関西での開催は初めてでしたが、なかなか充実した内容でした。参加者、関係者の皆様お疲れ様でした。


Posted by g200kg : 3:30 AM : PermaLink

2015/07/20

Pure Data Japan 3rd Session

Twitter Google+ Facebook

昨日は横浜関内さくらWORKSで「Pure Data Japan 3rd Session」というイベントがありましたので見てきました。
Pure Data (Pd)と言えばほぼMAXみたいな音響のビジュアルプログラミング環境のオープンソースプロジェクトです。私自身はすぐにごりごりコードを書く方向に流れてしまいがちでそれほどがっつり触った事がないのですが、メディアアート系の人のMAX/Pdユーザー率は本当に高いです。

Pure Dataについての詳しい情報は↓で。
Pure Data Japan

今回は第三回、会場は横浜関内さくらWORKSです。

左はNKTKさんのPdライブパフォーマンス。見ての通り3D映像なのでOcurus Riftで見たい所。
右はカレイドスコープのインスタレーション。カメラ映像からの画像生成でマイクで拾った音声にも反応します。getUserMedia + javascriptで似たような事した事があるなぁ...

左、床にある八角形のデバイスは1993年発売の古いSEGAのモーションセンサーだそうです。これを無理やりPdに取り込み、右、なんとドローンを制御。別にPdじゃなくても...というのは置いといてなかなか面白い。

ドイツZKMにある48スピーカーシステムを持つシアター向けの音のパン(というか軌道)を制御するソフトウェアの解説。4スピーカーシステム等にも応用可能らしい。音の処理部はPd(libpd)との事。

とにかく横浜でやってくれると近くて楽でいいな

Posted by g200kg : 6:56 AM : PermaLink

g200kg