[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」



2016/08/24

来週はHTML5カンファレンスです

Twitter Google+ Facebook

さて来週土曜日、9月3日は東京電機大学千住キャンパスでHTML5カンファレンスが開催されます。昨年に続きWeb Music Developers JPのコーナーもありますのでお立ち寄りください (周りの方には申し訳ありませんが、今年もやかましいコーナーになると思われます)。

HTML5 Conference
日時:2016年9月3日(土)10:00 ~ 19:30(予定)(受付開始 9:30)
場所:東京電機大学 千住キャンパス(東京都足立区千住旭町5番)
参加費無料

参加申し込みはこちらからどうぞ:
http://events.html5j.org/conference/2016/9/

Posted by g200kg : 10:53 PM : PermaLink

2016/08/08

リフローオーブンT962で焼いてみる

Twitter Google+ Facebook


さて、入手した中国製のあやしいリフローオーブンT962、適当な部品が揃うまでちょっと時間がかかったので取りあえずパンを焼いてみたりしていたのですが...
まあ、基板を焼いた後でパンは焼きたくないので今回限りですけど。



パンを焼くのに適当な温度プロファイルがないのでマニュアルモードで温度調節しながら焼くと焼けなくもないです。と思ったら裏側は全然焼けてない。厚みがあるものだとヒーターに近くなりすぎる模様。


まあそれはそれとして、準備が整ったので基板を焼いてみました。まずはターゲットの基板の周囲を同じ厚さのもので固定して、ステンシルを慎重に位置合わせします。今回ステンシルは基板業者で一緒に頼みましたけど、カッティングマシンで作った使い捨てのペーパーステンシルというのも流行ってるみたいですね。それもやってみたい気もしますけど。


そしてクリームハンダを塗ります。スキージは適当なプラスチックのカードです。ステンシルが浮いてしまうとハンダがまわり込んでかなり悲惨な事になるので注意が必要です。金属製のステンシルはそれなりに厚みがあるので小さなパッドにはちょっとハンダが多すぎでステンシルの穴を調整したい所だけど基板と一緒にステンシルを作ってくれるサービスを使う場合はどうやって指定するのかよくわかってません。

そしてひたすら部品を載せていきます。この基板は部品が百数十個くらいなんですが神経を使うのでこの辺でもうかなり限界です。クリームハンダを塗った後で続きは明日というわけにもいかないしなあ。

そしてリフローオーブンに投入。低価格と引き換えに怪しい噂が飛び交うT962ですが、まあ付かない事はないだろうと素のままの状態のデフォルトのプロファイルで焼きます。なお時間表示を見ると秒の進み方が時々2~3秒止まってたりして動作がもう適当すぎますけど。



さて、焼き上がり。左のSOPパッケージくらいは問題なさそうですね。今回一番厄介な奴は右の0.5mmピッチのQFNパッケージだったんですが、やはり結構あちこちトラブってます。手直しが面倒。ハンダの塗り方とか熟練してくればいい感じにいけそうではあるんですけどね。

という事でまあ、一応それなりに使えそうではあるんですが、そもそも部品を手載せする時の神経の消耗がなぁ...、かなり辛いです。

肝心のオーブンの方ですが設定通りの精密な温度管理は期待できなさそうですが、駄目だった時は時間をかけてリペアする覚悟で使うなら良いんじゃないですかね。安いし。多分、これで数を作った時の不良の発生率とかはまずい事になるかも知れませんが。

Posted by g200kg : 12:17 PM : PermaLink

2016/08/06

VowelSynth : 坊主が歌う例のVSTぽい奴をJavaScriptで作ってみた

Twitter Google+ Facebook

昔からVSTプラグインなんかを触っていた人なら一度は見た事があると思われる坊主が歌う例の奴、と言えば「Delay Lama」ですが、あれっぽい奴をJavaScriptで作ってみました。

坊主の絵を3Dレンダリングするべきかも知れませんが、ちょっと面倒なのでその辺は手抜きです。いやしかし、一昔前はネイティブじゃないとできなかった事が余裕でJSで動くようになりましたね。GitHubに置いてありますので興味があればソースもどうぞ。

VowelSynth

Posted by g200kg : 1:14 AM : PermaLink

2016/08/01

リフローオーブン T962 をゲット

Twitter Google+ Facebook

電子工作のやり方も昔に比べれば随分変わってきていますが、基板への部品実装の方法としては次のような方法があります。
(1) DIP部品をハンダごてで手付けする
(2) 表面実装部品を片面実装してホットプレートで焼く
(3) 表面実装部品を実装(両面も可)してオーブンで焼く

日本では圧倒的に(1)が主流で、表面実装を使うのはまだ一部のディープな人たちがホットプレートやらを駆使してやっている感じですが、ヨーロッパあたりだとDIYで(3)のオーブン方式で表面実装する人も結構いると聞きます。確かに手付け前提だと使いたいのに使えない部品が多いですからね。

で、今回入手したのはハンダ付け専用のリフローオーブンというものなんですが、ヤバそうなブツにとうとう手を出してしまいました。中国製で驚異的な低価格(2万円くらい)と共にあまりに雑なつくりで、とてもそのままでは使えないというような評判も飛び交ういわく付きのブツなんですけどね。110Vと220Vのオプションがあるので日本で使うなら注文時に110Vオプションを指定します。

取りあえず外観的にはそんなにおかしい所はなさそうです。付属品は本体の他に、電源ケーブルと交換用ヒューズ、ペラペラの説明書が付いていました。

事前に調べた所では、ヒーターが弱い、とにかく温度と時間の管理が適当すぎる、という事で設置場所にもかなり左右されるようですが、ちゃんと使うなら制御系を全部自作してごっそり入れ替える、という流れのようです。どうしたもんでしょうか。まあ最初は素のままで使ってみようかと思っていますが。

Posted by g200kg : 2:35 PM : PermaLink

2016/07/31

Web Music Hackathonで使ったソフト

Twitter Google+ Facebook

Web Music ハッカソンで使っていたソフト「LiveBeats」のドキュメントをまだ全部書けていませんが少しアップデートしました。

取りあえずこのリンクでそれっぽい音と映像が出ます(WebCam要)。
https://g200kg.github.io/LiveBeats/livebeats.html?o1.s=aarrrrrr&o2.s=ageeagdedeaa&o2.q=28&o2.c=lfo32*2%2B1&o2.delay=.3&o3.s=g&o3.f=Math.random()*1000%2B100&o5.s=o1.s&o5.f=55&o5.out=o1&bdo.s=crrr&sdo.s=rrrrcrrr&hho.s=cr&cam.a=1&cam.v=.3&cam.effpointer=2&cam.effmelt=lfo32*2&wav.hue=lfo16&wav.rot=tick&wav.line=beat8*100&

不完全なドキュメントがここにあります。
https://g200kg.github.io/LiveBeats/

Posted by g200kg : 11:51 PM : PermaLink

2016/07/30

Web Music ハッカソン #5が開催されました

Twitter Google+ Facebook

7月30日、Google東京オフィスにて第五回 Web Music ハッカソンが開催されました。


会場の様子はこんな感じです。右の写真は楽器メーカー各社に準備していただいた機器類です。

今回のテーマはDJ/VJという事でKAOSS DJなんかもありますが、裏を見るとシリアルナンバー 00001 なんていうレアなブツがあったりした模様です。


持ち込まれた光モノ。最近なぜかパトランプが人気らしいです。

右、今回ちょっと発表時の写真を全然撮ってなかったんですけど、これだけは撮ってました。会場内に持ち込まれている多数のPCからサーバーにアクセスしてもらい、プレイヤーが操作する事でその内蔵スピーカーからパート毎の音を出して会場全体でまとまったパフォーマンスをするというトーマスさんのクラウドシンセサイザーのデモ。


という事で懇親会へ。すでに食い散らかした料理と北京ダック。

さすがに5回目ともなると、運営もスムーズになってきてますが、1日のハックだけではやれる事の限界もあるので泊まり込みでという話もあってこの辺はまだ模索状態ですかね。取りあえず今回は今日だけではなくて8月7日にレッドブルスタジオでアフターパーティとして成果物を使ったライブイベントが予定されています。

こちらは今からでも参加可能ですので興味ある方は是非どうぞ http://musichackparty.peatix.com/

ちなみにかなりネタっぽいですが私もこんな感じでちょっとだけやりました。かなり長いですが発表されたもの全部入ってますのでよろしければ最初から通してどうぞ


Posted by g200kg : 11:52 PM : PermaLink

2016/07/29

日本語版MIDI仕様書の公開

Twitter Google+ Facebook

既にDTMステーション様でも紹介されていますが、MIDI規格の仕様書が日本のMIDI規格管理団体であるAMEIのサイトで公開されました。

DTMステーション:http://www.dtmstation.com/archives/51981245.html

MIDI規格公開ページ:http://amei.or.jp/midistandardcommittee/MIDIspcj.html

今年4月頃に海外でのMIDI規格管理団体であるMMAのサイトで英語版のMIDI規格書が突如公開されてちょっと話題になったりしていたのですが、これの日本語版にあたります。

この規格書は今まで書籍として販売されていたMIDI規格書と同等のもので、MMAで公開されている英語版よりも内容的にもちゃんと全体を通して体裁がまとめられています。書籍化するためにリットーさんの手とかも入っていたのではなかったかな。

MMAのは英語版だし読むの面倒だなと思っていた人には朗報ですね。

Posted by g200kg : 12:00 PM : PermaLink

2016/07/21

Web Music ハッカソン #5 アフターパーティ

Twitter Google+ Facebook

7月30日に予定されている Web Musicハッカソンで作られた作品を使ってライブを行うアフターパーティが8月7日、渋谷のレッドブルスタジオで開催されます。ハッカソン自体の申し込みは既に締め切られていますが、こちらは独立して参加申し込み可能です。

日時:8月7日(日) 13:00 - 20:00
場所:東京都渋谷区渋谷1−3−3 レッドブルスタジオ東京

http://musichackparty.peatix.com/


Posted by g200kg : 11:58 PM : PermaLink

2016/07/21

[環境変数]Win10を使ってて「おっ」と思った話

Twitter Google+ Facebook

最近はWindowsを使ってても環境変数を自分で設定するなんていう機会はめっきり減りましたね。たまにしかいじらないから設定画面にどこから入れば良いのかいちいち忘れてます。

という事で試行錯誤の結果 [Windowsメニュー] - [システム] - [システムの詳細設定] - [環境変数(N)...]にようやくたどり着くのですが、ここでPathを編集しようとするとこうなります。

「おっ」なんか今までと違う。

パスが行に分解されてそれぞれの項目を普通に編集できます。そしてなんと、このウィンドウはサイズが可変!!
驚くような事かと思うかも知れませんが、今までの環境変数設定画面がこちら

たまにいじろうとする度についツイートしてしまうほどの不便さ。
まあこんなGUIのままバージョンが8まで来ちゃってたというのがアレなんですけど。
Win8でさんざん色々と叩かれた後ではささやかすぎる改善ではあるけど、文句を言うネタの一つが解消したという点は素直に喜ばしい。

Posted by g200kg : 8:34 PM : PermaLink

g200kg