[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > PCM Synthesis ピーシーエムオンゲン PCM音源
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


PCM Synthesis ピーシーエムオンゲン PCM音源

辞典内検索:

あらかじめデジタルで記録(PCM記録) してある楽器の音を元に演奏の情報に合わせて音を再構成する音源方式。

いわゆるサンプラーがPCM方式の音源である。 単純なものでは基準の音をひとつだけ保持しておき、音の高さや強さは必要に応じて基準音から作り出すが、楽器によっては音の高さや強さによって音色のニュアンスが変化するため、様々なケースの基準音をレイヤー化して多数保持しているものもある。

基本的に実際の楽器の音を記録再生しているため、人工的な合成方式よりも非常に生々しい楽器音を出す事ができる。一方で必要なデータの量は膨大になりがちであり、メモリ容量の圧迫や起動時間の遅さなどが課題となる。これを解決するため最近では、メモリにデータを完全に読み込まない「ディスクストリーミング」という手法も取られる。



g200kg