[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Phone Plug フォンプラグ
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


Phone Plug フォンプラグ

辞典内検索:

音響機器、楽器などで一般的に用いられる、棒状の軸に電極が付いた構造のプラグの事。

6.3mm(1/4インチ)径の標準プラグ、3.5mm径の「ミニプラグ」、2.5mm径の「ミニミニプラグ」あるいは「マイクロプラグ」など軸の太さによって幾つかの種類がある。楽器関係では6.3mmの標準プラグが使われる事が多いが、民生オーディオ機器などではより小型のものの方が一般的である。

6.3mm径のフォンプラグの呼び方として「標準プラグ」、「6.3Φ(ファイ)」、JIS規格(JIS C 6501)での名称からの「47号(ヨンナナ)プラグ」などがある。なお、交換機などで使われる非常に近い形状の「110号プラグ」というものがあるが異なる規格であり互換性はない。

もともとは電話の交換機で使われた(正確には使われたのは110号プラグ)ものであり、「フォンプラグ」の名前はそれに由来する。蓄音機用に作られた「フォノプラグ」とは名前は似ているが別物である。頻繁な抜き差しに向いているが、接続の信頼性としてはあまり高くない。また、接点の接触の順序などから、抜き差しの途中で大きなノイズが発生する事がある。

電極の数によって「TSフォン」、「TRSフォン」などと呼ばれる事もある。



g200kg