[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Impulse Response インパルスレスポンス
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


Impulse Response インパルスレスポンス

辞典内検索:

略してIRとも呼ばれる。1発だけの幅の無いパルス(インパルス)に対する反応の事。音の信号とコンボリューション演算を行う事により、残響効果エフェクトであるリバーブを発生するコンボリューションリバーブで使われる。

ホールなどで実際にこのインパルスレスポンスを測定してデータを取っておけば、エフェクターにデータを読み込ませる事により、そのホールと同じ残響を再現する事ができる。 ただし、長時間のIRを処理するのは計算量が多いためCPU負荷は高めである。IRデータさえあればどんな有名なホールの残響でも付加できるが、有名なホールで測定をするのは費用がかさむため、建築データからIRデータを無理矢理作るなどの本末転倒な事をする場合もままある。

インパルスレスポンス信号の例が下図である。

インパルスレスポンスは原理的にはその場所でインパルス音(聴覚的にはパチッという手を叩いたような音)を出した時の響き方を記録したものであり、WAVファイルなど、普通の音声ファイルになっている場合が多い。実際の測定では、精度を高めるためにホワイトノイズスイープ信号に対する反応から逆算してインパルスレスポンスを求める事が行われる。



g200kg