[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Tremolo トレモロ
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


Tremolo トレモロ

辞典内検索:

もともとの演奏技法としてはマンドリンで良く使用されるような、同じ音を細かく連続して発音する事を指す。エフェクトとしてはこれを模倣するような、周期的な音量変化をつける効果の事を言う。

エフェクトとしては古典的なもので、ギターアンプに内蔵される事もある。名機、フェンダー社のツインリバーブでもトレモロ機能が内蔵されている(ただし、表記は「ビブラート」となっている。ちなみに、フェンダー社のギター、ストラトキャスターなどに付いている「トレモロ・アーム」は弦の張力を変化させてビブラート効果を発生するものであり、フェンダー社は全面的に「トレモロ」と「ビブラート」という言葉を逆に使用している)。

エフェクターの回路構成上、当時は音程を変化させるビブラートを電気的に実現する事は困難であり、簡単に構成できるトレモロがビブラートの代用とされる場合があった。

現在、単体のエフェクターでトレモロだけをかけるためのものはそれほど多くはなく、どちらかと言えばレトロなギターアンプをシミュレートするという意味合いが強い。

アナログシンセサイザーにおいては、LFOの出力をVCAに入れるというモジュレーションの基本とも言える接続によってトレモロが実現できる。



g200kg