[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > RIAA Curve リアーカーブ
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


RIAA Curve リアーカーブ

辞典内検索:

アナログレコード用のプリアンプ(フォノアンプ、フォノイコライザー)で使用される周波数特性補正のためのカーブの事。

アナログレコードは音を物理的な溝(グルーヴ)として記録するが、溝の振幅が過剰に大きくならないようにあらかじめ低域をカットし高域をブーストした状態で記録されている。再生時にはこれと逆の特性のイコライザーをかける事で本来の音となる。この時に使用される周波数特性カーブが「RIAAカーブ」である。

RIAAは「Recording Industry Association of America」の略で、日本語ではアメリカレコード協会と呼ばれる。RIAAカーブは1954年に策定され、以降標準的に使用されるようになっていった。



g200kg