[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > MIDI Time Code ミディタイムコード
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


MIDI Time Code ミディタイムコード

辞典内検索:

複数のシーケンサーなどの同期運転を行う方法の1つであり、MIDI信号を使って絶対時間を表すタイムコードを送る事を言う。これによってマスター側の機器の操作にスレーブ側の機器が追従するような動作をさせる事ができる。MTCと省略される事も多い。

なお、MIDIではもともと同期関係の規格として「MIDIシンク」あるいは「MIDIクロック」と呼ばれる方式が定められていたが、これは曲のテンポにあわせて変動するクロックを基としており、MTCとはまったく異なるものである。

これに対して、MIDI以外の録音機などではもともと絶対時間を用いるSMPTEタイムコードによる同期運転が広く使われており、MTCはこれらを相互に接続する要求が高まった事により、定められたものである。

MTCではSMPTEタイムコードと同様のフレーム情報を扱うが、データ量が多すぎるため間引きが行われ、時間の精度は本来のSMPTEタイムコードに劣る。

使用されるMIDIメッセージは、システムコモンメッセージに属する「MTCクォーターフレームメッセージ (F1H)」である。このメッセージにより、1/4フレーム毎に時間情報の1/8を分割して送出し、1つの絶対時間は2フレームで完成する事になる。本来のSMPTEでは1フレーム毎に80ビットの時間情報を送出するため、完全な絶対時間の精度はSMPTEの1/2、ビット単位の精度は1/20となる。

【参照】
MIDI
シンク
MTC
SMPTE
タイムコード


g200kg