[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > GigaSampler ギガサンプラー
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


GigaSampler ギガサンプラー

辞典内検索:

1999年に発表された「NemeSys Music Technology」社のWindowsPC用サンプラーソフトウェア。それまでのサンプラーはハードウェアベースが主流で、データのサイズの制限が厳しい中で、GigaSamplerはディスクストリーミング機能を持ち、名前の通りギガバイトクラスのサンプルデータも扱えるエポックメイキングな製品であった。

後に「GigaStudio(ギガスタジオ)」という製品に統合される。また、派生製品を含めて、まとめて「Gigaシリーズ」などと呼ばれる事もある。

DAWプラグインという形ではなく、スタンドアローンアプリ形式となっていたため、WindowsPC1台で丸ごとハードウェアのサンプラーを置き換えるというイメージに近い。このため、DAWはMacを使用して、サンプラー用に別途準備したWindowsPCにGigaSamplerを載せる、というような使い方をする人も多かった。

2001年にはTASCAMがNemeSysを買収し、TASCAMブランドとなる。その後ラインナップとして、スタンドアローンのGigaSampler、GigaStudio、に加えてプラグイン化されたGVIが発表された。後にGigaSamplerは販売終了し、スタンドアローン製品はGigaStudioのみとなる。

2009年TASCAMがGigaシリーズの開発終了を発表、Garritan(ガーリタン)がGigaシリーズの技術をTASCAMから獲得した。

GigaSamplerが使用するサンプルデータは「.gigファイル」と呼ばれる形式であり、ネイティブインスツルメンツ社のKONTAKTやスタインバーグ社のHalionなど、他社のソフトウェアサンプラーでもサポートされ、サンプルデータを異機種間で受け渡す共通フォーマットの1つとなっている。



g200kg