[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2

2013/04/06

RoVee 1.21

Voice Changer

Download

RoVee ver 1.21 Download
RoVee ver 1.20 Download
RoVee ver 1.10 Download
RoVee ver 1.01 Download
RoVee ver 1.00 Download

概要

RoVeeはボイスチャンジャープラグインです。VSTエフェクトですので、CubaseやSonarなどのVSTに対応したアプリで使用します。音程とフォルマントを独立してコントロールして、男声/女声/ロボット風などの声を作り出す事ができます。

※RoVeeは人間の声を加工する目的でチューニングされています。和音が入力されたり人の声  以外のものを入力した場合には予想外の結果になる事があります。

※RoVeeはフル機能のピッチ補正プラグイン KeroVee の機能縮小版です。声質だけを変えたい場合に簡単に使えます。

RoVeeを動かすにはSSE対応のCPU(IntelならPentium4、AMDならAthlonXPの途中あたり以降)が必要です。2000年頃以降のPCなら大抵大丈夫だと思います。

インストールと使用法

  • インストールはRoVee.dllをお使いのホストアプリのVSTプラグインフォルダーに入れるだけです。
  • RoVeeはエフェクトですからオーディオトラックにインサートします。
  • スイッチなどで明示されていませんが、MIDI信号をRoVeeにルーティングするとその音程に補正されます。補正のカーブなどは指定できません。 (ホストによってやり方は違います。Vocoveeのページが参考になるかと思います)

パラメータ

Formant フォルマント(声質)の調整です。
Pitch 音程の調整です。
Robotic 元の音程を無視して音程を固定します。
Mix 元音とエフェクト音のミックスです。

履歴

ver 1.21 2013/04/06 ・キーボードからのパラメータ編集ができなかったのを修正
・耐ノイズ特性の微調整
ver 1.20 2013/03/28・元音によってノイズが入る事があるのを軽減
ver 1.10 2011/8/15・GUIの更新
・KeroVee1.53ベースのエンジン
   ・対応音域の拡大
   ・レイテンシーの低減
   ・SSE2非対応CPU(AthlonXP)での動作に対応
   ・Audacityでの使用時にノイズが乗る問題を修正
ver 1.01 2010/8/29KeroVee1.25のエンジンに入れ替え。ソプラノ音域への対応。フォルマントパラメータのステップを細かくしました。
ver 1.00 2010/6/06KeroVee1.23をベースにしてファーストリリース

オーディオデモ (Ver 1.10)

元音 rovee110-0.mp3
MaleToFemale rovee110-1.mp3
FemaleToMale rovee110-2.mp3

TeamUVR.com Ultraviolenceさんがオーディオレビューを作ってくれました。RoVeeで何ができるか聴いてみてください。
TeamUVR.com RoVee review


VST is a trademark of Steinberg Media Technologies GmbH

g200kg