[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > DAT ディーエーティー ダット
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


DAT ディーエーティー ダット

辞典内検索:

「Digital Audio Tape」の略で、音声をデジタル記録するテープ式の録音機器の規格。読み方は「ディーエーティー」または「ダット」。1987年に規格が発表され、各社から業務用および民生用のDATデッキが販売されていたが、現在は既にどの製品も販売終了となっている。

サンプリング周波数は32kHz44.1kHz48kHzをサポートするが、44.1kHzはCD (CD-DA)と同じサンプリング周波数であるためデジタルダビングに関して様々な議論を呼び、民生用デッキではデジタルダビングの禁止やSCMSなどの制限が設けられていた。

一方で業務用、音楽制作用としてはマスターテープとして利用される事が多く、現在でもDATテープによる受け渡しが可能なCDプレス業者などは多い。

なお、DATは規格策定段階ではビデオテープレコーダーと同様な回転式ヘッドを使用する「R-DAT」と固定式ヘッドを使用する「S-DAT」が定められたが、商品として市場に出たのは「R-DAT」であり、単にDATと呼ぶ場合はこちらを指す。

【参照】
サンプリング周波数
SCMS
Hz
44.1kHz
48kHz
CD-DA


g200kg