[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > VSTiの作り方 > 1.前説

VSTiの作り方

2004/08/22

1.前説



VSTiが作れるようになったので、覚書をまとめておく事にした。
ただし、Windows限定DA! Macのことはしらん

思うにVST作る人ってあんまり多くないんじゃないかという気がする。プログラムを書く人は沢山いるし、音楽に興味がある人も沢山いるが、自分で楽器から作ってみようという所まではなかなか行かないしな。
-----------------2008.04.18
2008年に入り、既にVSTSDKは3.0になった。VSTSDK3.0は2.xから大規模な変更が加えられ、互換もない。ここで書かれている事は2.X向けなので、参考になる部分もあるとは思うが、そのままVSTSDK3.0には適用できないので注意。 しかし、今VST3.0で作ると対応ホストが少ないので、あえて2.xで作るというのもあり。
-----------------2007.08.19
VSTも今ではバージョンが2.4になったな。 2.4の変更はちょっと思い切ってる部分もあるからな。
このドキュメントも多少はアップデートするつもりだYO
-----------------
1.前説
2.準備
 2.1 準備
 2.2 VSTで練習
 2.3 VSTiに挑戦する
3.プログラム
 3.1 波形の作り方
 3.2 MIDIイベントの扱い
 3.3 デノーマルの罠
 3.4 パラメータ
 3.5 ダメダメVST
4.フィルタ
 4.1 フィルタの料理法
5.GUI
 5.1 GUIの作り方
 5.2 パネルの描き方
 5.3 ノブの描き方
6.実践編
 6.1 VSTエフェクト実践編
7.おまけ (ADSRの実装)
8.おまけ (BLITのお話)




g200kg