[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2

2014/07/02 (2014年07月 のアーカイブ)

Android Lでオーディオレイテンシーの改善、今度は期待していいの?

GoogleI/O 2014のセッションでAndroidのオーディオレイテンシーの改善に関する言及があったんですね。

とにかくAndroidではこのレイテンシーが大きいと言う問題のため、ユーザーの操作に対する即時の反応が必要な楽器系のアプリケーションが実用的なレベルにならないというのは昔から言われていて、iOSデバイスが音楽系アプリのプラットフォームとして地位を確立しているのに比べると、まだ全然ダメな状態です。 今までGoogleでもこのあたりの取り組みはやっていない訳ではなくて、何度かレイテンシー改善の話が出てきては実際はあまり変わらなかったりしてます。
  • Android 2.3 Gingerbread でOpenSL ESを搭載、ここまではそもそも音系のアプリは眼中になかった感じ。
  • 4.1 Jelly Beanの時には具体的にレイテンシー問題に言及、劇的に変わるような触れ込みだったのだけど、特定の機種だけ良くなった感じ?(よくわからない)。少なくとも全てのAndroid端末が恩恵を受けるようなものではなかったようです。
今度はどうなのかな? 中身がfloat処理になるとかかなり作り直している印象だし期待していいんでしょうか?


http://www.androidpolice.com/2014/06/30/android-l-promises-to-drastically-reduce-microphone-latency-and-boost-maximum-audio-quality/

Posted by g200kg : 2014/07/02 12:15:46