[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2

2012/11/01 (2012年11月 のアーカイブ)

WebAudioAPIのAudioParamの挙動がChromeとSafariで違う

単純にオシレーターにビブラートをかけたい場合の接続、

OSC1には基本の周波数として400(Hz)を設定し、更にOSC2から100の振幅の信号を突っ込みます。

Chromeの場合、OSC1の周波数は
400 + (-100) ~ 400 + (+100) = 300 ~ 500 Hz の出力になります。

Safariの場合、400 は無視されて
-100 ~ +100 Hz となるようです。(マイナスの場合は極性が反転してるかも知れませんが、基本的にプラスと同じ扱いの模様)

仕様としては、このあたりどうなるべきかちゃんと書かれてなさそうですけど、これは困るなあ。実際使う側としてはChrome型の動作でないとビブラートも手軽にかけられないぞ。(SafariはLion上の6.0.1で確認)

-------------------------------------
※ Safariのnightly build ではChromeと同じ動作になっていると教えていただきました! 良かった!

Posted by g200kg : 2012/11/01 11:47:51