[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > WebModularの使い方 > 02.チュートリアル

WebModularの使い方

2012/06/19

02.チュートリアル

« Prev 01.各モジュールの説明 02.チュートリアル Next »


WebModular

初期状態

WebModularで音を最初から作って見ます。まずはシンセパネルの上にあるメニューから「Clear All Patch」を選び、「Set」を押すと、全てのパッチケーブルが削除されて初期状態に戻ります。この状態では各モジュールはばらばらに存在しているだけなので何も音が出ません。


VCOの動作確認

まず、何か音を出してみます。マウスをドラッグしてVCO1のOut端子からOUTPUTMIXのSig 1に繋ぎます。これでいきなり「ブー」という音が出始めました。VCOはいつでも動きっぱなしですので、繋ぐだけで音が出ます。これでVCOのスイッチやツマミを動かすと、それに応じてオクターブが切り替わったり、波形が切り替わったりします。しかし、キーボードとはまだ無関係ですので鍵盤を弾いても何も反応しません。


キーボードのCV

キーボードのCVからVCO1のMod 1に接続し、Mod 1のスライダーは最大になっている事を確認します。これでキーボードを弾くとそれに応じたCVがVCO1に伝わり、弾いた鍵盤どおりの音程の音が出るようになります。しかし、これだといつも音が出っぱなしですね。


VCA

鍵盤を離すと音が止まるようにするには、VCOとOUTPUTMIXの間にVCAを挟み、VCO=>VCA=>OUTPUTと信号が流れるようにします。そしてキーボードの「Gate」をVCAのMod 1に接続します。これで鍵盤を弾いた時だけ音が出るようになりました。これが鍵盤で普通に弾ける最も単純なパッチです。


VCF

ここまでは音色はVCOで選んだ波形そのままでしたので、途中にVCFをはさんでみます。VCFの「Freq」や「Reso」を変えると音色が変化するのがわかると思います。

またVCOと同じようにMod端子にキーボードからCVを入れると弾いた鍵盤の音の高さに応じてフィルターの周波数も変化します。こうすることで、どの高さの音を出しても倍音の構成、即ち音色が一定になるという意味があります。


ENV

ここまでは鍵盤を押している間だけ一定音量で鳴り、鍵盤を離すとすぐに止まるという状態でしたので、次にENVを使って音量変化を複雑なものにしてみます。キーボードのGateからENVのTrigに接続し、ENVの出力をVCAのMod端子に接続します。

ENVのA、D、S、Rの各スライダーを調節すると音量変化のカーブが変わります。


LFOでビブラート

LFOを使ってビブラートをかけてみます。LFOの1/10出力からVCOのMod 2に接続して、Mod 2のスライダーを少しあげます。(音程の変化は目立ちやすいので1/10出力を使いましたが効果音的なものを作るなら1/1を使っても良いです)。LFOの波形は一番上の三角波が普通のビブラートっぽくなります。


ここまでで、VCO=>VCF=>VCA + ENV + LFOが1系統のシンプルな普通のシンセサイザーの構成になりました。それぞれのモジュールはまだ1つずつ残っています。自由度が高い所がモジュラーシンセサイザーの良い所ですので、後は思いつくままに繋いでいってください。VCOを追加したり、VCFやVCAを直列にしたり並列にしたりと色々試せると思います。


« Prev 01.各モジュールの説明 02.チュートリアル Next »


g200kg