[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > WDM/KS ダブリュディーエムケイエス
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


WDM/KS ダブリュディーエムケイエス

辞典内検索:

WDMは「Windows Driver Model」の略、KSは「カーネルストリーミング(Kernel Streaming)」の略でASIOと同等な低レイテンシーを実現するオーディオデバイスとのインターフェイスの手法の事。単に「カーネルストリーミング」とも呼ばれる。ケークウォーク社のソナーが採用している。

WDMはWindows98/Windows2000以降で使われている標準的なデバイスドライバーの構造である。WDMでは、デバイスドライバーが階層構造をしており、通常のオーディオドライバーはマイクロソフトが開発するクラスドライバーとカーネルミキサー/オーディオエンジン、およびその下に位置する各オーディオI/Fベンダーが開発するミニポートドライバーからなる。「カーネルストリーミング」とは、このクラスドライバーからカーネルミキサー/オーディオエンジンを通じてミニポートドライバーに繋がるデータの流れを指す。WDM/KSによるオーディオデータの出力では、このクラスドライバーとカーネルミキサー/オーディオエンジンをバイパスした所に直接データを流す。「カーネルストリーミング」自体が新しい手法ではなく、アプリが本来の「カーネルストリーミング」をスキップしてデータを流す事がWDM/KSである。マイクロソフトではこれを「DirectKS」と呼んでいるようであるが、今の所、この手法は「カーネルストリーミング」、あるいは「WDM/KS」という名前で定着している。

なお、WDM/KSはどちらかと言えば裏技的な手法であり(真偽は定かでないがケークウォーク社がこの手法を発見したという話もある)、Windows Vista以降ではOSとしてはWASAPIと呼ばれる新しい低レイテンシーなインターフェイスが準備されている。

ASIOに対する優位性としては、オーディオI/Fのハードウェアベンダーが専用のドライバーを準備する必要がない、という所にあるが、今の所音楽制作で使用する事を目的としたオーディオI/Fではほぼ例外なくASIOドライバーが供給されているため、絶対的な優位性は発揮されていないのが現状である。また今後はより新しいWASAPIへの移行が進み、WDM/KSの重要性は低下してゆくと予想される。



g200kg