[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > WASAPI ワサピ
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


WASAPI ワサピ

辞典内検索:

Windows Vista以降でサポートされているWindowsのオーディオドライバーのインターフェースの名前で「Windows Audio Session API」の略語。

ASIOWDM/KSのように低いレイテンシーでの入出力が可能であるがWASAPIはOS自体が標準でサポートする仕組みである。

ただし、初期のものにはバグがあるため、実際に使用できるのは Vista SP1以降と言われている。DAWソフトウェアの中ではケークウォークソナー(SONAR)がいち早くWASAPIのインターフェイスに対応している。

OSそのものがサポートするため、ASIOのようにオーディオI/Fのベンダーの専用ドライバーを必要としない。また、「排他モード」により、オーディオI/Fを1つのアプリケーションに完全に占有させる事が可能である(同様の事はASIOWDM/KSでもできる場合があるが確実に保証されたものではなく、WASAPIではOSがそれを保証する)。

読み方は「ワサピ」とされる事が多い。なお、キューベースのドライバー選択上の名前はASIOにラッピングされている関係で「Generic Low Latency ASIO Driver」となっている。



g200kg