[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > PD Synthesis ピーディーオンゲン PD音源
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


PD Synthesis ピーディーオンゲン PD音源

辞典内検索:

80年代、カシオが開発した音の合成方式。 PDは「Phase Distortion」、つまり位相ひずみの事である。 当時ヤマハFM音源方式のDX7が大ヒットしていたが、カシオはそれに対抗する形でPD音源を搭載したCZシリーズを発売した。 それまではおもちゃ扱いの「カシオトーン」しか作っていなかったカシオがいきなり本格シンセサイザーに参入した形だが、特徴的な音が評価され、現在でも一定のファンを持つ。

PDの原理そのものはFM音源に非常に近く、どちらかと言えば制限付きのFM音源のようなものだが、特徴的な元波形や柔軟なエンベロープジェネレータ等の周辺機能も含めて「CZの音」という評価を得ている。 現在ではカシオのシンセサイザー関連製品はそれほど多くはないが、ソフトシンセでPD音源をシミュレートしたものなども存在する。

2012年に発表されたXWシリーズではPD音源そのものではないが、CZシリーズで使用されていた波形を搭載している。



g200kg