[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > オンゲンモジュール 音源モジュール
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


オンゲンモジュール 音源モジュール

辞典内検索:

MIDIなどの演奏情報を受信して音を出す機能だけに絞った機器であり、鍵盤を持たないシンセサイザーと言っても良い。単に「音源」と呼ばれる事もある。大きく2つの流れがあり、1つは通常のシンセサイザーマスターキーボード、ウインドコントローラーなどの演奏用機器と共に使用する音源モジュール、もう1つはDTM用途で使用するための1台で全ての演奏をまかなう事を目的とした音源モジュールである。

前者の場合、既存の鍵盤付きのシンセサイザーに対して鍵盤なしモデルという位置づけである事が多い。「ラック型シンセサイザー」と呼ばれる事もある。

後者の場合、PCと接続して使用する事が前提であり、ドラムなども含め全ての音を同時に出すマルチティンバー機能を持つ。また、通常はデータの互換性からジェネラルMIDI規格などの共通規格を満足するようになっている。この流れは、ローランドが最初にDTM入門用のセット「ミュージくん」に含まれていたMT-32から始まり、ローランドのSCシリーズ、SDシリーズ、ヤマハのMUシリーズなどがあり、「DTM音源」とも呼ばれる。中でもローランドの「SC-88Pro」(通称ハチプロ)はDTM音源のデファクトスタンダート的ポジションにあった。

ただし現在、1台で全ての音をまかなう純粋なDTM用途の音源モジュールはDAWソフトシンセの発展にともなって廃れつつある。



g200kg