[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > MPU401 エムピーユーヨンマルイチ
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


MPU401 エムピーユーヨンマルイチ

辞典内検索:

1983年、MIDIの黎明期にローランドから発売された最初のPC用MIDIインターフェイスである。本体とフラットケーブルで接続されたインターフェイスカードによってIBM-PC、NECのPC-9801をはじめ、各社8bitパソコンなどとも接続する事ができ、CPUの負荷を軽くするために内部でシーケンサーのタイミングを取る補助を行う「インテリジェントモード」を持っていた。

このインテリジェントモードがMPU401の特徴であり、非力なCPUでもシーケンサーを実現できるようになっていたが、PCの性能が向上するにつれ、単なるシリアル信号インターフェイス(UARTモード)として用いられる事が多くなっていった。MPU401はPC用MIDIインターフェイスのデファクトスタンダードの地位を確立するが、その後PCの標準のシリアル端子からMIDIに変換する形になっていった。

また、PCのサウンドカードの標準として普及した「サウンドブラスター16」ではMIDII/F用に「MPU-401」のUARTモードをエミュレーションしており、MIDIポート兼用となっているゲームコントローラー用ポートにMIDI機器を繋いだり、音源のアドオンボードにより「MPU-401」ドライバー経由で音を出す事ができた。

WindowsでもサウンドブラスターをサポートするためにWindowsXPまではMPU-401用のドライバーが準備されていたが、Windows Vistaでサポート外となった。このためVistaへの移行期に古いサウンドカードを使用しているPCで「MPU-401のドライバーが見つからない」というエラーが出るという報告が散見された。



g200kg