[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > MME エムエムイー
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


MME エムエムイー

辞典内検索:

Windowsの(特にオーディオの)ドライバーの種類。「Multi Media Extension」の略。もともとは特にドライバーの名前という訳ではなく、Windows 3.0 のまだ標準ではオーディオや動画のサポートがなかった時代に開発されたWindowsの拡張パッケージであり、Windowsに追加インストールする事でオーディオと動画のサポートが得られるようになる、というものであった。

Windows3.1で標準パッケージに取り込まれ、以降Windowsでオーディオ(およびビデオ)を扱う際のドライバー(API)として使用されるようになる。

その後Windowsのオーディオ環境としてはDirectXの発表とともにオーディオ関係ではDirectSoundがサポートされ、更にWindows VistaではWASAPIという新しい形式のドライバーへと変遷して行くが、MMEは(エミュレーションではあるが)消滅することはなく最新のWindows環境でも使用可能となっている。ただしMMEはDTM用途としてはレイテンシーが大きく、満足な性能が出ないため、スタインバーグなどのサードパーティーが独自にASIOのようなDTM用途のドライバーを提供したり、WDM/KSのような裏技的なオーディオデバイスの駆動方法を使うなどの手法が取られている。

DAWソフトウェアなどでは、使用するドライバーを選択できるようになっており、MMEは今でも選択肢に残っている事が多いが、通常は他のより性能の良いドライバーを選択する事になる。なおキューベースではMMEがサポートされているのはバージョン4までであり、バージョン5でサポートされなくなった。

【参照】
DirectSound
WASAPI
ASIO
WDM/KS
レイテンシー


g200kg