[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Microsoft GS Wavetable SW Synth マイクロソフトジーエスウェーブテーブルソフトウェアシンセ
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


Microsoft GS Wavetable SW Synth マイクロソフトジーエスウェーブテーブルソフトウェアシンセ

辞典内検索:

Windowsに最初から付属しているソフトシンセの名前。Windowsの素の状態でMIDIファイルを再生した場合はこの「Microsoft GS Wavetable SW Synth」を使用して音が出る事になる。「MSGS(エムエスジーエス)」と省略される事が多い。

なお、名前と細部の動作についてはWindowsのバージョンなどによって違いがあり、

「Microsoft Synthesizer」DirectXでの名称
「Microsoft GS Wavetable SW Synth」XP
「Microsoft GS Wavetable Synth」 Vista/7
となっているが、「MSGS」と言った場合これらをひっくるめてWindows付属のソフトシンセという意味合いで使用される。

ローランドからライセンスされた音色を使用しておりMIDIジェネラルMIDIおよびGS規格に不完全ながら準拠した仕様となっている。シンセサイザーとしての品質は高いとは言えないが、Windowsが動作していれば標準でインストールされているため、DTMをはじめる際にはフリーソフトのシーケンサーMSGSではじめた人も多いと思われる。

なお、WindowsXPではコントロールパネルからMIDIの設定項目(MIDIマッパー)があったが、Windows Vista以降ではこれが削除された。即ち、MIDIの既定デバイスが「Microsoft GS Wavetable Synth」に固定となっている。



g200kg