[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Insert Jack インサートタンシ インサート端子
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


Insert Jack インサートタンシ インサート端子

辞典内検索:

ミキサーや楽器用アンプなどに付いている端子で、外部にエフェクターインサート接続する場合に使用する。

端子の形状としてステレオヘッドフォンなどと同様のTRSフォンが使用される事が多い。これはエフェクターへの送り出しと戻りを1つの端子で行うためであり、接続にはY字型に分かれたインサートケーブルを利用する。

先端のチップ側がエフェクターへの送り出し、中間のリング部分がエフェクターからの戻り信号の接続に利用される。

更に少しトリッキーな使い方として下の図のような使い方がある。左の図はインサート端子にTSフォン(モノラルプラグ)を接続したものであり、機器のインサート端子以降の部分(例えば楽器用アンプのパワー部)を使わずに信号を外部に取り出す事ができる。

また右側の図は、TSフォンを半指し(半分だけ入れて最初のクリック感のある所で止める)にする事で、機器の本来の接続を生かしたまま、信号を外部に取り出す例である。



g200kg