[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Challenge Response チャレンジレスポンス
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


Challenge Response チャレンジレスポンス

辞典内検索:

ソフトウェアのオーソライズで使用される方法の一つ。 略して「チャレポン」と言う場合もあるが通じるとは限らない。 HDD認証、HDDオーソライズなどとも言う。 認証時にはハードディスクやOSなどのPCの環境によって決定されるチャレンジコードという文字列が表示されると共にレスポンスコードというパスワードのようなものの入力が要求される。 レスポンスコードはメーカーのWebサイトでユーザー登録してチャレンジコードを提示する事により得られる。

ポイントはこのチャレンジコードとレスポンスコードの大元がユーザーのPC環境から作られる所にあり、ユーザーのPC環境が違うと必要なレスポンスコードも変化する。そのため、このレスポンスコードを他のPCに持っていっても動作させる事はできないという仕組みである。

問題はHDDが壊れた時や、OSをクリーンインストールし直した時などにオーソライズ情報が失われてしまう事であり、回数制限付きで複数個のレスポンスコードを発行可能とするなどの対応がとられている事が多い。 かつては音楽系ソフトの認証の方法として最も一般的だったが、徐々にUSBドングルによる認証に変わってきつつある。 とはいえ、特別なハードウェアを必要としないため、低価格のソフトウェアでは良く使用される方法である。



g200kg