[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > Bit Depth ビットシンド ビット深度
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


Bit Depth ビットシンド ビット深度

辞典内検索:

デジタル信号の1サンプルを表すビット数の事。例えばCDでは16ビットが使用される。最近の音響機器では24ビットを扱うものもある。必ずしも正確な表現ではないが「解像度」と呼ばれる事もある。

サンプリング周波数と組み合わせて、2496(24bit 96KHz)、24192(24bit 192KHz)などの表記も用いられる。ビット深度が十分でない場合には量子化ノイズが問題になり、またこれを回避するためにディザ技術が使用される場合もある。

デジタルオーディオと画像の両方で使用される言葉であり、画像の場合は1ピクセルのビット数の事を指す。画像に対して用いられる場合には、「色深度(イロシンド)」、英語では「Color Depth(カラーデプス)」という言い方もあるが同じ意味である。



g200kg