RSS Twitter Facebook
g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > ADSR エーディーエスアール

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典


ADSR エーディーエスアール

辞典内検索:

アナログシンセサイザーで音量変化のカープを作るために一般的に使われる4つのパラメータ、アタック(Attack)(音の立ち上がり時間) / ディケイ(Decay)(持続音への減衰時間) / サスティン(Sustain)(持続音量) / リリース(Release)(減衰時間)の頭文字を組み合わせたものである。

この音量変化カーブの発生器である EG (エンベロープジェネレータ)の別名としても用いられる言葉である。

また更にパラメータ数を増やして、より複雑なエンベロープを発生できるようになっているケースもあるが、その場合は「 ADSR 」という名前は使われない。

例えば NativeInstruments 社製品では音のピーク状態でのホールド時間( Hold )を入れた AHDSR、Linplug 社製品では、持続状態での減衰量( Fade )を入れた ADSFR、ConcreteFX 社製品ではこれら両方を入れた AHDSFR となっている。ただし、一般名称として通用するのは「 ADSR 」だけである。



g200kg