[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2


g200kg > 偏ったDTM用語辞典 > ADPCM エーディーピーシーエム
DTM / MIDI 用語の意味・解説

偏ったDTM用語辞典

Products : ユーロラックモジュラー「RedLine」販売中

ユーロラック・モジュラーシンセサイザー「RedLine」を販売開始しました!

ユーロラック「RedLine」


ADPCM エーディーピーシーエム

辞典内検索:

音声をデジタル信号としてエンコードする方式の1つで、「Adaptive Differential Pulse Code Modulation」の略。いわゆる「PCM (Pulse Code Modulation)」の亜種と言える方式である。

通常のPCMがデジタル化した信号をそのまま記録して行くのに対し、ADPCMは各サンプルデータの差分を状況に応じてビット数を削減しつつ記録する。

これによりADPCMは通常のPCM方式よりも多少データ量を削減する事ができる。現在ではデータのサイズを重視するのであれば、PCMデータを更にMP3でエンコードするなどの手段があるためADPCMはそれほど重要な技術ではなくなっているが、非常に簡単な処理でデータの削減が行えるため、CPUの能力が低く音質をそれほど重視しないICレコーダーなどの機器で使用される事がある。

PC上のファイルとしてはADPCMは通常のPCMと同じく、WAVファイルになっている事が多いが、アプリケーションによってはADPCMのWAVファイルは扱えないものもある。

またADPCMには完全な標準となる方式がないため、それぞれ微妙に異なる多数の方式が存在する。現在使われているADPCMフォーマットとしては、「Microsoft ADPCM」と「IMA ADPCM」が多い。

【参照】
PCM
MP3
WAV


g200kg