[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2

2012/06/30 (2012年06月 のアーカイブ)

WebMidiLinkで足りない部分

なんとなくですが、WebMidiLinkを使ってブラウザ上で動作するピアノロール型のシーケンサーのようなものを作るとして、足りない部分というのを思いつくままに

■発音タイミングの補正機構
  メッセージに本来処理されるべき時刻を示すタイムスタンプを付けるのが良いかと思っているのだけど、全メッセージに影響するため、下手にやると禍根を残しそう。今の実力とかをちゃんと検証してからにするべきかな...

■NoteOn/NoteOff/AllSoundOff以外のメッセージ
 MIDIに乗せられるものは基本的にそれを使えばいいかなと思ってます。コントロールチェンジでもプログラムチェンジでもホストとプラグインがちゃんと解釈できれば問題ないよね。

■プラグインのパッチの保存
 ホスト側のソングデータと共に保存したりするために、パッチデータを送受信する必要があるねえ。vst の getChunk / setChunkみたいに中身にはタッチせずにブロックをまとめて伝送するイメージ。"plug,setchunk,xx,xx,xx" みたいな? この時点で Plugin => Host方向の通信も必要。先頭の識別子はMIDI用の"midi"とそれ以外用の2種類くらいにとどめたい感じ。

■GUIのサイズとか
 Plugin=>Host方向で欲しい情報は色々あるのだけど、あまりごちゃごちゃI/Fを増やしたくないなあ。

■生のオーディオデータをやりとりする系とか
 今はさすがに無茶だな。どの程度のパフォーマンスなのか調べたいとは思うけど。

Posted by g200kg : 2012/06/30 09:11:04