[ Jpn | Eng ]

Main Menu



Recent

最近の記事

Search

サイト内検索:

Archive

Powered by
MTOS 5.2.2

2010/12/09 (2010年12月 のアーカイブ)

ケロケロ

今まで作ってきたプラグインの中では今の所KeroVeeがダントツに人気があるようです。そんなにみんなケロケロしたかったのか・・・と思うわけですが、同時に、使ってくれている人の層の広がりみたいなものもとっても感じるんですよね。

VSTシンセみたいなものだと、どうしてもDAWを使ってキーボードを弾いたりMIDIを打ち込んだり、というステップが必要なわけで少なくとも興味を示すのは「音楽をやるんだぜぇ!!」っていう自覚のある人になるのですが、KeroVeeの場合はもっとカジュアル。

ちょっと歌ってみたいんだけど、面白そうだからケロケロしてみようかな、とかいう感じの人の割合がかなり多いんじゃないかなあ。

ただそうなると、KeroVee(に限らずケロケロできるソフトはみんなそうなっちゃうけど)はそんなに使いやすいツールではないんですよ。ただボーカルを通せばもれなくケロケロするという訳ではなく少なくとも曲に合わせてスケールを指定しないと効果的にかからないのだけど、歌のメロディに合わせて音程を指定しろと言われても、そんなのいちいち知らない、って人だっているかもね。

KeroVeeのよくわからないパラメータと格闘している人がいるかと思うと申し訳なく思うのですが、今の所の技術の限界ですかねえ。それとも本来ならよりマニアックな機能であるはずのグラフィカルな編集なんかができる方が、目に見える分、逆にとっつきやすいとかいう感じなのでしょうか?

Posted by g200kg : 2010/12/09 22:44:38